オーガニック素材に注目するイタリア

イタリア・ボローニャを拠点に、繊維製品・衣類を含む幅広いオーガニック製品を扱っている認証機関、ICEA(イチェア、Istituto per la CertificazioneEtica e Ambientale)。同機関のPaolo Foglia氏によると、イタリアではオーガニック素材への関心が高まっているという。「過去6ヶ月間、新たに10件の繊維会社で様々な製品の認証を行ってきました。現在さらに複数の会社の認証に関わっています」と語るFogilia氏。ICEAではGOTS(世界オーガニック繊維基準)の規定に従い、素材監査を行うための承認を申請していることも明らかにした。


イタリアでのこの関心の高まりを受けて、2008年6月16日に開催されるIFOAMオーガニック世界大会と連動し、カプリでオーガニック・テキスタイル会議が開催されることになった。日程は6月16日または17日の予定。この会議では、ファッション業界におけるオーガニック素材について、ブランドの倫理的責任とオーガニック製品のための持続的な将来設計が話し合われる。会議の事務局は各媒体への告知を呼びかけている。
詳細は下記リンクより
http://www.isofar.org/modena2008/
資料:Ecotextile News http://www.ecotextile.com/
Organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

ページ上部へ戻る