ブルゴーニュのボーヌ地区にあるシャペル家から今年のレポートが届いております!シャペルさんは、土、ぶどう、人間、それぞれの生命の営みを尊重し魂の宿るワイン造りを目指し、そのための選択のひとつとして2004年からオーガニックでのぶどう栽培を始めました。

1/31 霧氷のつく冬の朝

シャペル家のサイモンから冬の朝の様子を撮影した動画が送られてきました。霧氷が付くほどの寒さが伺えます。

「1月のある日曜の朝、サントネーのクロ・デ・コルニエール(畑名)の冷たい静けさの中です。」


フランス・ブルゴーニュ

シャペル家

1893年に畑を取得、1923年に自家で瓶詰め開始。葡萄栽培は世界で一番素晴らしい仕事と語る当主は、土、葡萄、人間、それぞれの生命の営みを尊重し魂の宿るワイン造りを目指す。オーガニックはその為の選択。

マヴィ株式会社
2021.07.20
ブルゴーニュ・シャペル家 レポート2021
https://mavie.jp/?p=27588
皆さま、こんにちは。ブルゴーニュのボーヌ地区にあるシャペル家から今年のレポートが届いております!7/12 今年は難しい年?「今年は、悪天候と相対的な暑さのため、ブドウの木がウドンコ病やベト病に非常に敏感になっています…。2021年は一筋縄ではいかない年になるかもしれません。7/2 晴れていますが2分後に雨が…できるだけたくさん収穫できるようにベストを尽くしますが、まずは天候が良くなることを願っています。自然が相手ですからね…。」7/19 久しぶりの晴れ間(7/20)