2010年11月21日、イタリア北部のボルツァーノで開催されていた第7回Biolife2010が、閉会した。Greenplanetの報告では、このトレードフェアには地域のオーガニック生産者210組やイタリア各地方の美食文化を誇る活動団体や国営機関が参加し、会期中、この地域で生産された質の良いオーガニック生産物に関心を持つ37000人もの人々が会場に足を運んだ。


来場者のなかにはドイツ最大のオーガニック農業組合Bioland, イタリアのオーガニックコスメ認証機関AIAB Kmzerobio, AgriBio, 農業支援機関Coldiretti, DemeterやBiodynamici, 環境保護認証機関ABcertやドイツのオーガニックコスメ認証機関ICEAといった専門機関の関係者だけではなく、ラツィオ、ロンバディア、マルケ、アルト・アディジェ、ピエモンテ、サルデーニャといったイタリア各州からの参加者もあった。また、バイヤーや家族経営や小規模の自営業者も、イタリアの伝統の代名詞ともいえる香辛料や香水を巡る旅へと導かれた。
今回初めて、オーガニック認証化粧品のみが紹介されたことも特徴である。また、地域の名産品を味わう場が設けられ、その栄養や食事法の専門家の助言をもとに商談も行われた。地中海食事法やオリーブオイルやパンの価値、パスタの作り方などの紹介も注目を浴びた。同時に、バイオダイナミック果物栽培における第一回全国会議や学生会議”My big farm”、公共栄養品質協議会といった各会議に加えて、風土と季節の食材の重要性を提言している南チロル地方シェフ協会の定例会議といった会議も行われた。
出典:Greenplanet
元記事:Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 福永美奈子さん)

関連記事

ページ上部へ戻る