1. HOME
  2. バロー家(フランス)

バロー家(フランス)

Domaine de Pajot
生産農家:バロー家
生産ぶどう品種:コロンバール、ユニブラン、グロマンサン、ソーヴィニヨン、
メルロー、カベルネソーヴィニヨン
オーガニック認証:ビューローベリタス

ドメーヌ ドゥ パジョはフランス南西部ガスコーニュ地方の丘陵に位置します。最寄りの街はオーズで、「アルマニャックの都」として有名です。アレクサンドル デュマの三銃士の主人公ダルタニアンの出身地としても知られています。バロー家は3世代にわたって続くドメーヌです。この地方は他のぶどう産地に比べ 比較的湿度の高い海洋性気候です。湿気によってもたらされるぶどうの病害などのコントロールが難しいため、この地で実際にオーガニックに取り組んでいる農家はほとんどいないそうです。しかし、バロー氏は2001年にオーガニックへの転換を決意し、2004年に認証を取得しました。

農薬をかけているのにぶどうが病気になる。
病気になるからまた新しい農薬を使う。農薬を使うから土地がやせて肥料をもっとやらなくてはならなくなる。といった悪循環から抜け出し、もっとこの地方の特徴が表現されているようなワインを造りたいと考えたからです。

特に力を入れているのが、この地方の代表的な4つの品種(コロンバール、ユニブラン、グロマンサン、ソーヴィニヨン)をブレンドした「キャトルセパージュ」です。これらの品種はそれぞれ特徴が異なり、互いを補いあう関係なのです。言うなれば、私にとっての「四銃士」ですね。
4つの品種を扱うのには大きな意味があります。まずは畑を壇状に増やすことができるので、気候変化や病害のリスクを抑えることができます。次に、収穫時期がずれるので、時間の管理がしやすくなり、醸造にかける時間を最大限活用できます。そして何より、この地方でよく成長する品種なので、特にアロマの表現が豊かな品種であること。ちょうど香水における調香のように、互いを掛け合わせてより良いものをつくっています。
各品種の割合は年によって調整をしていて、柑橘系、つげ、熱帯の果実のアロマがバランスよくフレッシュ感とともに口に広がるよう、仕上げています。

バロー家のワインはこちら

買える店飲める店

生産者情報

イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。