オーガニック・クラフトビールBlessing醸造所訪問

クラフトビール

アルザス地方とロレーヌ地方の境界に広がる北ヴォージュ自然公園内の村WaldhambachにあるBlessing醸造所を訪ねるため、北アルザスの中心地Saverneに前泊した。

ローマ時代の駐屯地を起源とするこの辺境の町は、8世紀にアレマン族(ドイツ民族)が移住、ロレーヌのメッツ司教の教区だったのがアルザスのストラスブール司教の教区へと変わり、ドイツ領とフランス領と何度も変遷した所。オーベルジュに宿を取ったのだが、なんとレストランは日曜定休で食事は出せないとのことで、町に出掛ける羽目に。。。

でも、おかげで落ち着いたアルザス・ロレーヌ風の街を堪能できたのは幸い。

ぶらぶらと出かけた中心の広場は、これぞアルザスという中世らしさを残した歴史的建造物群。美味しそうな店をと探し、市役所の隣に木組みの館の由緒正し気なレストランに目を付けた。テラス席が市役所の玄関まで張り出していて、いかにも代々の市長達の恩寵を得た老舗。そのテラス席での夕食、周囲の会話にはドイツ語とフランス語が入り混じり、心地良い雰囲気。

ジャガイモベースの揚げ物にリンゴのコンポートソースとサラダ
豚肉ソテーにこってりしたソース
肉団子にクリームソース

ワインリストを見るとオーガニックがあったので、ピノグリを注文。メイエーさんのと比べるとコクがなく甘みが強すぎと感じたけれど、価格からしてそんなものか。。。

それでもピノグリなので、やはりクリームソースや豚肉との相性は良い。

隣の席は常連客らしい80歳台のおじいさんが一人で黙々と食べている。奥様を無くされたのか、寂しそうだが気品がありしゃんとしている。いかにも食べ慣れた様子で、前菜、メイン、デザートもしっかりと召し上がり、勘定の際に5ユーロ札をチップに渡したのをみると、きっと市長を務めた町の名士だろうと想像する。

翌朝、WaldhambachのBlessing醸造所までの道を確認しようとカーナビに住所を入力すると1時間ほどの道程と出る。Saverneは北ヴォージュ自然公園のすぐ近くの町なのに遠すぎて変と思ったが、余裕を持って出発。道は町外れからすぐに自然公園に入り、深い森の中の山道に。左右の急カーブが連続するが制限速度は90km!でもそんなに出せない!時々森が開けると可愛らしい村々があり、50km制限になるのだが、すぐにまた森に飛び込む。そんな高速ラリーのようなコースを延々と走り、爽快な満足感を持ってBlessing醸造所のあるWaldhambach村に辿り着いたのはぴったり1時間後。自然公園の中の、なんとも長閑な村だ。