田村安オフィシャルブログ

ワイン

ワイン

オーガニックワイン生産の変化-田村安2016年4月講演より-

これはフランスにおけるオーガニックのぶどう畑の伸びを表すグラフです。 2007年はまだ1万ヘクタールくらいしかありませんでした。上は転換中も含めたぶどう畑。青色がオーガニック認証を取得したぶどう畑、赤が転換中のぶどう畑です。これが...
ワイン

ボジョレーヴィラージュヌーヴォー2019と割烹料理

ボジョレー解禁の翌日、大雨で肌寒い東京を飛び立ち、低気圧の中を大揺れしたANA機から降りた米子空港の空は雲一つない快晴。晩秋には珍しい青空で、松江に向かう車からも中ノ海越しに伯耆大山が望めるという幸運だった。 前回書いた通り、松江に...
ワイン

ボジョレーヌーヴォー2019には豚しゃぶ

待ちに待ったボジョレーヌーヴォー解禁、真夜中過ぎに早速飲んでみた。 先月書いた通り、僕は気象データから見て、今年の出来を「糖分が勝ち過ぎず、ボジョレーらしい酸もしっかりと期待できる」「ここ数年で一番の味わいになっているかも...
ワイン

オーガニックワイン講座の変遷

10年以上続けてきた【オーガニックワイン地方編連続講座】を改編して、気楽に参加していただけるようにしました。 マヴィ赤坂本店では、初心者向けの【オーガニックワイン講座入門編】と、より詳しい【オーガニックワイン講座地方編連続講...
ワイン

今年のボジョレーヌーヴォーは?

ワインの出来は天候に左右される。地球温暖化で気候変動が激しくなり、日本でも竜巻が多発したり、台風で大洪水被害が出るなど、従来の常識ではありえないことが当たり前になってきている。 今年6月にヨーロッパを旅した際、あちこちの生産者から、...
ワイン

ボルドーワインの騎士叙任

ボルドーワイン騎士になった記念に、僕のヴィンテージボルドーコレクションをみなさんにも飲んでいただこうと思います。ボアソー先生の友人より譲り受けたシャトーラトゥール、シャトームートンロートシルト、シャトーマルゴーなど超有名シャトーの90年代コレクションです。
ワイン

黒毛和牛焼き肉にシチリア白ワイン

家の近所に黒毛和牛を1頭買いして提供する焼き肉店があり、料理をする気がない日などに度々出掛けている。店長さんと顔馴染みとなったので、「次回オーガニックワインを持ち込めないか?」と尋ねてみたところ、「いいですよ!」と快諾してくれたの...
ワイン

古いヴィンテージワインの楽しみ方(3)

お店でワインを購入する際、ラベルやビンやキャップシールの状態がきれいであることは当たり前です。そのためマヴィではラベル汚損ワインはアウトレットとしてお安くします。フランス人は日本人程ラベルの見た目を気にしないので、入港のたびに検品で...
ワイン

冬は鍋、ゆず酢が美味い!

勤労感謝の日の連休、伯耆大山の麓、鳥取県大山町のはた酒店さんでのオーガニックボジョレーヌーヴォー解禁ワイン会の際に、オーガニック「ゆず酢」生産者の田宮さんを訪問してきました。わざわざの訪問というか、実は田宮家は、はた酒店から歩いて...
ワイン

古いヴィンテージワインの楽しみ方(2)

皆さんも気付かれたかと思いますが、ランポンさんの今年のボジョレーヴィラージュヌーヴォーには大量の澱が入っています。油断して勢いよく注いでしまうと、グラスにも澱が移ります。 完全無濾過なので澱は出るのですが、新酒の段階でこれだけの量は...
ワイン

急速に熟成するボジョレーヌーヴォー

11月の勤労感謝の日の3連休に、山陰の名峰、伯耆大山の麓のはた酒店で「ボジョレーヌーヴォー解禁を楽しむ会」を開催するということで、鳥取県に行って来ました。 山陰線の下市駅下車徒歩1分という、駅前好立地ですが、下市駅には2時間に1本程...
ワイン

肴とワイン

国内を旅する時、なるべくなら土地の美味しい料理を食べたいので、旅館によく泊まります。旅の予算はそれほど潤沢ではなく、旅館の格や部屋の広さや、内装には多くを求めず、料理評価が高いことが第一条件。 神戸や明石に用事があれば、JRを舞子の...
ワイン

古いヴィンテージワインの楽しみ方(1)

カオールの先鋭的なビオディナミの生産者・ゴダンさんが後継者がなくて廃業されました。そこで、最後のストックを分けてもらおうとお願いしたところ、新しいヴィンテージはフランスのお客様が買い占めてしまったということで、最後に残っていたコト-...
ワイン

今年のボジョレーヌーヴォー:おすすめの飲み方

香料や調整剤を使用しない本物のワインは、毎年味も香りも違います。 解禁となったボジョレーヌーヴォーを早速レポートします。 今年の出来は以前レポートしました通り、素晴らしい天候だったため、やはりとても良い仕上がりになりました。 ヌーヴ...
ワイン

阪急百貨店直営BYOサイト「Winomy」誕生!

「誰でも飲食店にワインを持ち込んで楽しめる」ワイン文化革命を目指して運営してきましたBYO Clubですが、阪急阪神百貨店より事業化したいとのお申し出をいただきました。 昨年3月(2017年)に日経MJが1面でBYOを大きく取り上げ...
ワイン

今年のボジョレーの出来は最高?

オーガニックワイン講座地方編のプレゼンを見直しているのですが、最近の気候が随分変わってきていると感じて、データを取り直してみることにしました。 大都市だけでなく、小都市の気象データも入手できるWorld Weather Onlineという気...
ワインと料理のマリアージュ

誕生日にフレンチ

3月18日は僕の誕生日、58歳になりました。 「美味しいフレンチで美味しいワインを」いうことで、金曜日でしたが、午後を休んで湯河原のエルルカンに行ってきました。 最初の1本はもちろんシャンパン シャンパーニュの聖地オヴィレ村でオーガニック暦...
ワインと料理のマリアージュ

BYOとBYOFのススメ

2010年秋にBYO Clubを作ってからもうすぐ5年になります。 当時は、「飲食店にワインを持ち込む=BYO」なんてとんでもないという風潮でしたが、このごろはかなりフランクに思ってくれるお店が増えてきて、掲載お問い合わせを頻繁にもらうよう...
ワイン

BYO 飲食店にワインを持ち込もう!

BYO Clubのサイトをオープンして2ヶ月になりました。 3月に構想して以来準備を進めて来たのですが、次々とあれこれ関連して思い付いてしまったり、途中2回ヨーロッパへ出掛けたり、またもちろん本業(どれが?)が忙しくて、ずいぶん時間が...
ワイン

BYOとはお店にワインを 持ち込むことです

美味しい料理で有名な店 でも自分が好きなワインがあるとは限りません。お店のワインセラースペースも限られていますし、値段の都合で安いワインしか置いていないお店もあります。 美味しい料理に出会った時、「あ~ あのワインが飲みたい!」と思ったこと...