マヴィ代表・田村安オフィシャルブログ

Organic Wine Specialist

ワイン

ワイン

NATURE & PROGRES(ナチュール エ プログレ) 元会長、ベリューさんのブランケット メソッド アンセストラル|完全無添加のワイン造り

リムー近郊のサンティレール修道院で1544年にフランスで初めて瓶内二次発酵のスパークリングワインが造られた。ベリューさんはこの甘口スパークリングワイン「ブランケット ド リムー」を古代製法(メソッド アンセストレル)を完全無添加で造っている。
ワイン

古代製法が生きていた!本来のシェリーは酒精強化ワインではなかった

ドライシェリーはどの工程で酒精強化するのか?」と質問すると「アルコール添加はしない」と、予想もしない返事!「山の傾斜地畑のぶどうは糖分が高いし、ソレラ製法では樽の木を通して水分が抜けてアルコール度数が上がるから、アルコール添加の必要はない」
ワイン

実は簡単、わかりにくいブルゴーニュワインAOCの違い

南北に長いブルゴーニュのぶどう産地、断層の走るニュイ地区は特複雑で力強いワインを産む。ボーヌ地区は複雑な地層でミネラルのしっかりとした優しさのあるワインを産む。シャロネーズ地区やマソネ地区は丘が低く、量産ブルゴーニュワインの産地になっている。
ワイン

ビオディナミワインのパイオニア、ユージェン メイエーさん

アルザスのユージェン メイエーさんはフランスで最初にビオディナミを導入したオーガニックワイン生産者だ。メイエー家は創業1620年で500年間の歴史、50年間のビオディナミーを誇る。長年ビオディナミーを続けるぶどう畑の土壌は極めて健康だ。
ワイン

オーガニックワイン講座の変遷|いよいよオンライン開講へ

オーガニックワイン講座の原形を作ったのは1999年。2005年よりフランスのワイン産地を紹介する地方編講座がマヴィ赤坂店でスタート、その後スペイン、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、イタリアまで拡大。2021年からはオンライン講座として開催する。
ワイン

ステイホームのクリスマスディナーに黒毛和牛のビーフシチュー

テレワーク生活には長時間トロトロと煮込むビーフシチューがおすすめ。ランチ休憩から作り始めてテレワーク仕事しながらコトコトと煮込み、夕食には美味しく食べられる、本格的なのに簡単なレシピー。ワインとの相性は一緒に飲みたいワインを使えばバッチリ。
ワイン

ボジョレー解禁とトスカーナのワインを楽しむステイホームディナー

ボジョレーヌーヴォー解禁日にボジョレーのオーガニックワイン生産者シュブラン家の2020年ボジョレーヌーヴォーと、トスカーナのオーガニックワイン生産者モレッティ家のヴィエッキエヴィーニェを飲み比べ。お取り寄せしたフレンチレストラン「コウジイガラシ オゥレギューム 」のフランス料理とのマリアージュを楽しんだ。
ワイン

うし年は2巡目、人気の干支ワインに歴史あり

干支ワインを発売しようと決めたのは2008年11月13日。日本初のオーガニックワイン専門インポーターとして創業したマヴィ株式会社の創立10周年事業として始まった干支ワイン。干支を一巡りして2度目のうし年は2頭の牛を描いたラベルが貼られる。
ワインと料理のマリアージュ

スタウトビール、アンバービールの楽しみ方-食中酒や食後酒として飲むと新しい発見!

スタウトを楽しむのは食中酒ではなく食後酒としてがおすすめ。アンバーを楽しむのは普段の食事の食中酒としてがおすすめ。
ワイン

ボジョレーから占う、2020年は最高のヴィンテージの予感

2020年という世界中が新型コロナウィルスCOVID-19に翻弄された特別な年、生活は一変した苦しい年ですが、ぶどうの出来はどうだったのでしょうか?ボジョレーらしいきれいな酸を持ちながら糖も十分あるため、味わいの深いワインに仕上がりました。
ワイン

スペインバルの定番!トルティーリャ(スペインオムレツ)を作る

BARのタパスの代表格トルティーリャ。原材料のジャガイモと卵はコストが安く、作り置きができ、切り分けて提供するからロスなく稼げる。スパニッシュオムレツと訳されるが、日本で想像するオムレツとはだいぶ形が違い、お好み焼きのような円盤型だ。
ワインと料理のマリアージュ

大好きなフランス料理店のメニューを家で食べる

ステイホームの生活、美味しい外食を食べたいけど食べられない。そんなニーズに応えるため、レザントレ コウジイガラシ オゥ レギュームさんが発送できるメニューを試作して送ってくれた。マヴィのワインとのマリアージュ、ペアリング相性はバッチリだ。
ワイン

オーガニックワイン生産の変化-田村安2016年4月講演より-

2012年EUのオーガニックワインの醸造規定が統合により、工場でオーガニックワインを造れるように多くの化学物質の使用が許可された。工業生産ワインかどうかはラベルに記載されていないので、オーガニックワインを選ぶ際は、どんな方法で生産したかを質問すべき。
ワイン

ボジョレーヴィラージュヌーヴォー2019と割烹料理

ボジョレー解禁の翌日、大雨で肌寒い東京を飛び立ち、低気圧の中を大揺れしたANA機から降りた米子空港の空は雲一つない快晴。晩秋には珍しい青空で、松江に向かう車からも中ノ海越しに伯耆大山が望めるという幸運だった。 前回書いた通り、松江に...
ワイン

ボジョレーヌーヴォーには豚しゃぶ

お手軽な豚しゃぶにシュブランさんのオーガニックボジョレーヌーヴォーを合わせてみた。 何も食べなくてもワイン自体がすごく美味しいのだが、豚肩ロースに蓮根、長芋といった根菜類とシュブランさんボジョレーヌーヴォーの相性は抜群。柚子ポン酢がより美味しい。
ワイン

ボジョレーヌーヴォーの出来は?|地球温暖化と気候変動の影響

ワインの出来は天候に左右される。地球温暖化で気候変動が激しくなり、従来の常識を超えた推移を見せる。暑ければ当たり年という訳ではない。ボジョレーやブルゴーニュのような北の産地のワインは、過度の糖分よりも適度の酸が重要なファクターとなりうる。
ワイン

ボルドーワインの騎士叙任

マヴィ代表田村安がボルドーワイン騎士Connétablie de Guyenne(近衛騎兵隊士)に叙任された。ボルドーには地区別に下記の3つの騎士団があり、それぞれがボルドーワインを守る騎士を叙任しているが、アントル・ドゥ・メール地区のものだ。
ワインと料理のマリアージュ

オーガニッククラフトビールBlessing醸造所訪問

クラフト(Craft)とは手仕事。職人(Craftsman)が手仕事で造るビールが本来のクラフトビール。Blessing夫妻の手造りビールは最優秀賞「Prix d’Excellence」を獲得し、フランスで最も優秀なビール生産者と認められた。
ワイン

黒毛和牛焼き肉にシチリア白ワイン

魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワインと云うが、実際はそうでもない。豚肉や鶏肉とのペアリングは白ワイン。マグロやカツオなら軽い赤ワイン。牛肉のマリアージュは赤ワインの独壇場のように思われているが、和牛とはキレのいい白ワインの方がしっくりくる。
ワイン

古いヴィンテージワイン‐自分の人生と重ね、ゆっくりと思い出を辿る楽しみ

古いヴィンテージのワインは、ボトルの中で育ちます。数十年後にどんなワインになっているのかは開けてみてのお楽しみ、自分の人生を振り返るいい機会かもしれません。1990年代のまさに飲み頃で熟成期間からすると比較的手頃なヴィンテージが狙い目です。