マヴィ代表・田村安オフィシャルブログ

Organic Wine Specialist

新しい時代の夜明け 太平洋の初日の出を迎える

2021年1月1日撮影

2021年、明けましておめでとうございます。

コロナ禍のステイホーム中でも、多くのお客様がマヴィのオーガニックワインをご愛飲いただいたことに感謝申し上げます。

2021年の初日の出を外房・いすみ市岩船海岸で迎えた。

天気は快晴、気温-4℃。
太陽は水平線に掛かる一朶の雲の隙間から昇ってきた。
太平洋を押し寄せて来た波が足元の岩場で飛沫と散った。
*一朶(いちだの)=ひと群れの

正直に言うと、初日の出は生まれて初めての経験だ。
年越しは飲み過ぎが常、日の出時刻に起きられるはずがない。
しかし今年はコロナで何もかもが違う。
岩船海岸まで疎開先から車で10分と掛からない。ならばこの機会を逃がしてはならぬと、大晦日の夜はブリアールさんのオーガニックシャンパン1本だけに節酒した。

コロナウィルスのパンデミックは、世の中の仕組みを変えた。

人と人とが顔を合わせない、会食をしない、移動しないということが求められ、これまで当たり前だったことが「やってはいけないこと」になってしまった。

赤坂のオーガニックワイン専門店マヴィ本店は、昨年2月末から7月末までの5ヶ月間休業。
本社事務所は2月末からテレワークとし、そのまま再開せずに8月で廃止。
イベントもオーガニックワイン講座も、昨年3月以来一度も開催していない。

イベントやオーガニックワイン講座をWEBで開催したら、これまでと違う景色が見えてきた。
これまでは赤坂という場所に縛られて、遠方よりのお客様には参加してもらえなかったのが、zoomで開催すると全国から気軽に参加してもらえた。
それどころか、ヨーロッパの生産者も参加してくれた。

外房の山中の別荘には光回線が来ているのでVPNやクラウドを使うのに何の問題もない。
世界の誰とでもテレビ会議で会える。
必要なものはWEB通販で調達できる。
都会の利便性と過密の危険性のバランスが大きく変わった。

新しい時代に突入した。

変化は今年一層加速するだろう。
その中でマヴィは変化の波に飲み込まれず、先を行かねば。
そしてこれから先、何が変わろうと、変わらずに素晴らしい理念を持った生産者達と手を携えて、彼らの作品のオーガニックワインだけを最高の品質でお客様にお届けし続けていく。

妥協はしない。
太平洋に昇る赤い太陽にそう誓う。

2021年1月元旦

マヴィ株式会社
代表取締役
田村 安

シャンパーニュ(3年熟成)

マヴィのNo1シャンパン。
オヴィレ村のオーガニックワイン生産者ブリアールさんの作品。まさにドンペリニョン師がシャンパンを造った修道院畑だった単一畑から産まれたオーガニックシャンパーニュ。