1. HOME
  2. 産地・生産者情報
  3. 生産者レポート
  4. 2022年の熱波レポート
生産者レポート

2022年の熱波レポート

2022年の欧州では6月から気温が急上昇し熱波が訪れています。7月にはスペインやフランスで熱波の影響による山火事も発生し、ボルドーのラビュゾン家では煙の影響で一時避難指示も出たそうです。

他の生産者さんたちも対応に追われているようです。現地からのレポートをまとめました。

最新情報のある順に並んでいます。

【イタリア・トスカーナ】モレッティ家

今日は、ぶどうの木の樹齢による乾燥への耐性についてご紹介します。

樹齢の高い木は地中深くまで根を張っているので表面の土が乾燥しても耐えられますが、若い木はまだ根が浅く深いところの水分を吸収することが難しいため乾燥の影響を受けやすくなります。

10年と3年のぶどうの木をそれぞれ撮影したので確認してみてください。

(2022.8.3)

熱波の影響もあり、もう長い間雨が降っていません。
幸い私たちの畑はビオディナミ農法のおかげで土壌に腐葉土が豊富で、今のところ干ばつの心配はありません。
現時点では畑の状態はとても良く、これから雨が降ってくれれば良いヴィンテージになるでしょう。
出来るだけ早く日本に行けるようになることを祈っています。

(2022.6.21)

→モレッティ家の2022年レポートへ

イタリア・トスカーナ

モレッティ家

フィレンツェ近郊に99年に畑を取得、03年からビオディナミ開始。自然を生かすため人的介入は極力抑え、土着品種のワイン造りにこだわる。ほぼ自給自足で暮らす当主は外科医の顔も持ち、教養深く日本通。

【イタリア・ヴェネト】ムザラーニョ家

状況は変わらず、気温は高く雨がほとんど降っていません。
8月には雨が降ってくれることを願っています。
そのあと収穫が始まるので、今は体力の回復のため数週間のバカンスを取っています。

(2022.8.2)

2022年の6月は過去30年で最も乾燥した月になりました。
根をしっかり張った古い株は今のところ問題ありませんが、乾燥が7月まで続いてしまうとさすがに影響が出てしまうかもしれません。
10歳以下の植えて間もない株は、灌漑を導入してしっかりと水やりをしています。

(2022.6.22)

→ムザラーニョ家の2022年レポートへ

イタリア・ヴェネト

ムザラーニョ家

大地とぶどうへの熱い愛、品質への頑ななまでのこだわりが導いた結論がオーガニック。マヴィと同じく「オーガニックはライフスタイル」と言い切るヴェネトの雄が造るワインは優しく日本食を引き立てる。

【スペイン・バレンシア】コティーノ家

熱波の影響はありますが、ぶどう畑はよく持ちこたえてくれていて、1か月前に新しく植えた苗も頑張っています。
この状態が続けば今年は収穫が早まるでしょう。

(2022.6.21)

熱波の続報です。スペインでは相変わらず35℃を超える猛暑が続いています。
山火事で失われてしまった土地は3000ヘクタール以上になり、壊滅的な被害です。
幸いなことに私たちの畑は無事で、今も通常通り畑仕事を続けています。

(2022.7.28)

→コティーノ家の2022年レポートへ

スペイン・バレンシア

コティーノ家

太陽が強烈に照り付けるバレンシアの乾燥した大地で、この地に魅せられた農業学校出身のマリアとその夫パコが1927年から続くワイナリーを引継ぎスタート。テロワールに敬意を表し2003年からオーガニック開始。

【イタリア・シチリア】ククルーロ家

熱波の続報をお送りします。
熱波と干ばつの影響は、特に今までそういった経験の少ない中部と北部で大きいようです。しかしどのワイナリーもなんとか対処しています。
シチリアの私たちの畑ではまだコントロールすることができていて問題はありません。
間もなく始まる収穫が楽しみです。

(2022.7.26)

熱波は思っていたほどの影響はなく、乾燥も灌漑で被害を抑えることができました。
ちなみに灌漑は使用できる水の量が決まっていて、開花してからヴェレゾン(ぶどうの色づき)までの間、一つの株につき15~20mlの水を週に2回与えることができます。
収穫まではあと2か月ほどでしょう。

(2022.6.23)

→ククルーロ家の2022年レポートへ

イタリア・シチリア

ククルーロ家

シチリア中心部、標高480Mの丘の上で、4世代に渡り農業を営む。食品会社も起業・経営していた父が、90年代にいち早くオーガニック栽培を開始。現在はその葡萄と哲学を受け継いだ姉弟によるワイン造り。

【スペイン・カタルーニャ】バルトラ家

熱波の続報をお送りします。
私たちの畑では例年より高い気温が続きましたが、今のところ畑やぶどうに問題はありません。やはりぶどうの成熟が早く、例年より早い収穫が見込まれています。

(2022.7.26)

6月にもかかわらず気温が34℃まで上がりましたが、私たちの畑は地中海から4㎞と近い場所にあるため海の冷却効果のおかげで熱波の影響が少し抑えられました。
暑さでぶどうの成長が進んだので今年の収穫時期は例年より早くなりそうです。
干ばつの部分はありますが、畑自体のコンディションはよいので大丈夫です。

(2022.6.21)

スペイン・カタルーニャ

バルトラ家

1540年から続くワイン農家で、現当主で20代目。当主はスローフード協会員で、現地では幻となった品種「マルヴァジア」のワイン造りに情熱を注いでいる。国費留学生として、アメリカの大学で醸造学を修めた努力家。

【オーストリア・ニーダーエスタライヒ】マントラー家

熱波の続報です。相変わらずの猛暑ですが、6月には雨も降り植物たちは元気です。
今年から全てのワイン畑に灌漑設備を導入しました。

(2022.7.26)

私たちのところでは熱波の影響はほとんどなく、むしろ暑さが好ましかったようでぶどうは元気に生い茂っています。

(2022.6.22)

→マントラー家の2022年レポートへ

オーストリア・ニーダーエスタライヒ

マントラー家

フレッシュさを愉しむオーストリアワインの中で、長期熟成型の白を産出する国内外で評価の高い実力者。ぶどうのほか、小麦・大豆・サトウダイコンなどもオーガニック栽培。異なる畑が奏でる繊細な魅力を存分に発揮するワイン造り。

【ドイツ・フランケン】シュトリッツィンガー家

今年の暑さと乾燥は異常です。雨はときどき降りましたが、まさに焼け石に水でした。
7/19(火)の気温は39.6℃でした。日当たりの良いぶどう畑では40℃以上になり、その中でも特に壁の近くのぶどうの多くが焦げたような状態になってしまいます。
翌日の夕方には雨が降って少しだけ落ち着きましたが、数日間だけの出来事でした…。

(2022.7.22)

ドイツ・フランケン

シュトリッツィンガー家

イン河を見下ろす機械など一切使えない急勾配の段々畑でぶどうを栽培。根の張りが良く、太陽の光を良く浴びるので、凝縮感のある力強いワインに。笑顔がすてきなご主人は醸造技術者から一城の主になった情熱肌。

【フランス・ブルゴーニュ】ペルチエ家

ニュイサンジョルジュの周りでも比較的小さな山火事が発生しましたが、今のところ大きな被害は出ていません。
収穫の準備も進めていて、今年は9月1日から始める予定です。

オート コート ド ニュイでは半分以上の畑が霜で被害が出てしまいました。私たちの畑は幸い無事でしたが…。

(2022.7.20)

熱波の被害はありませんでしたが、雹で一部のぶどうに影響がでてしまいました。

(2022.6.24)

フランス・ブルゴーニュ

ペルチエ家

生産量の95%までが個人客、仏国内消費という希少なオーガニックのブル ゴーニュ。畑担当の父と醸造販売担当の息子の二人三脚。シャトーは壮観で村の中で 際立つ美しさ。ノンフィルター、樹齢300年の樫樽など随所にこだわりが見られる。

【フランス・ボルドー】ラビュゾン家

メディアでも報道があったように熱波の影響でフランス南西部で山火事が続いています。
幸い私たちのドメーヌでは人的被害やぶどうの被害はありませんでした。→詳しく見る

(2022.7.20)

ありがたいことに熱波の被害はありませんでした。6月中旬に20mmほど雨が降りこれが恵みの雨となりました。
収穫まではこの状態が続いてほしいと思っています。

(2022.6.20)

→ラビュゾン家の2022年レポートへ

フランス・ボルドー

ラビュゾン家

グランヴァンで有名なボルドーグラーヴ地区で1668年には既にワイン農家だったラビュゾン家。オーガニックも1963年には開始したボルドー地方の草分け的存在。当主だったポーレット引退後、息子のピエールがドメーヌを継承した。

【フランス・ブルゴーニュ】シャペル家

私たちの持つ畑の区画では雹の影響はありませんでした。しかしニュイ・サン・ジョルジュやマコンの方では被害があったようです。
猛暑も今のところは問題ありませんが、7~8月にまで渡って続くようであれば困難なことになるでしょう。
6月としては非常に気温が高く、日の当たる場所では45℃に達した日もありました。
今特に気になっていることは来週までにべと病が出ないことですが、このまま快晴が続けば抑えられると思います。

(2022.6.29)

→シャペル家の2022年レポートへ

フランス・ブルゴーニュ

シャペル家

1893年に畑を取得、1923年に自家で瓶詰め開始。葡萄栽培は世界で一番素晴らしい仕事と語る当主は、土、葡萄、人間、それぞれの生命の営みを尊重し魂の宿るワイン造りを目指す。オーガニックはその為の選択。

【フランス・ボジョレー】ランポン家

乾燥して暑い時期もありましたが恵みの雨も降り、今のところ問題はありません。
収穫は8月末を予定しています。良いワインが作れそうです。

(2022.6.29)

フランス・ボジョレー

ランポン家

ボジョレーヌーヴォーで有名なボジョレー地区の北、レニエ村にわずか3haの畑を1977年から所有。耕作は馬、収穫は手、搾るときの動力さえ人間という徹底した手づくり派。ワインのもつ優しさは造り手の人柄そのもの。

【フランス・アルザス】ブレッシング家

私たちのところでは今のところ熱波の問題はありません。
干ばつが、ビールの原料である麦やホップに与える影響はまだわかりません。

(2022.6.23)

フランス・アルザス

ブレッシング家

ヴォージュ山脈麓の小さな村で親子3人で営むブルワリー。生命工学の元研究者トマと、元建築家ナタリーのご夫婦が地元アルザス産の原料にこだわり、瓶内二次発酵で極少量生み出すビールは受賞多数。創業当初からオーガニック。

【イタリア・トスカーナ】マニョーニ家

今年の初夏がこんなに暑く、乾燥してることに驚いています。
ぶどうの蔓の伸びはまだ少ないですが、環境の変化にも適応していっていると感じます。
夏はまだ始まったばかりなので、今後の成熟の過程でどんな影響が出てくるか気になっています。

(2022.6.23)

イタリア・トスカーナ

マニョーニ家

世界遺産サンジミニャーノを臨む美しい丘の小さな村で、1870年に農地取得、1985年からワイン造り。オーガニックの選択により様々な人々、そして大地そのものと深く繋がれることが当主の幸せであり誇り。

【フランス・ローヌ】アシャール家

熱波の被害は今のところ特にありません。ここ数日は恵みの雨も降りました。
畑のコンディションも良く、芽かき(新芽の中から不要なものを取り除く作業)も進んでいます。

(2022.6.23)

フランス・ローヌ

アシャール家

ローヌ川の東、ドローム川沿いの丘陵地で6世代に渡りぶどう栽培。化学肥料、除草剤の使用はドメーヌ史上一度もなし。よく熟したものだけを手で収穫、醸造。6代目よりビオディナミを実践。スパークリングワイン専門の造り手。デメター認証も取得。

【フランス・アルザス】メイエー家

私たちのところではまだ雹の被害はありません。
乾燥した気候が続いていますが当分は大丈夫そうです。
しかし雨が降らない状態が続くのはあまり好ましくないと言えるでしょう。

(2022.6.23)

→メイエー家の2022年レポートへ

フランス・アルザス

メイエー家

1620年来、親から子へと引き継いでこられた家族経営のワイン生産農家。1969年からビオディナミ農法を実践。アルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れるワインは、各誌での評価も非常に高い。

【フランス・プロヴァンス】ドウェル家

現時点で熱波の被害はありません。しかしこの猛暑とひどい干ばつが続いた場合のことを考えると恐ろしいです。
今後はこのような気候が普通になっていくのかもしれません。
これからの季節は嵐がくる可能性もありますが、それが吉と出るか凶と出るか…。

(2022.6.22)

フランス・プロヴァンス

ドウェル家

セザンヌが好んで描いたサントヴィクトワール山南麓の丘で、ぶどう、ひまわり、小麦、オリーヴを栽培。有史以来完全オーガニック。ギリシア時代の女神像や醸造用の壷が出土し、紀元前からワインが造られている土地。

【イタリア・アスティ】ロヴェロ家

イタリア全土でも異常気象が観測されています。2022年は例年に比べて平均気温が高く、雨の少ない時期が続いています。
夏は始まったばかりで、私たちの畑はまだ大丈夫ですが、9月までは読めない状況が続きそうです。

(2022.6.22)

イタリア・ピエモンテ

ロヴェロ家

北イタリア、ピエモンテ州の銘醸地アスティで17世紀より続くワイン農家。3兄弟とその息子の4人で運営。スローフード協会員の額がかかる食堂で、地元の食材を使った評判の料理が味わえるアグリツーリズモも。

【フランス・ボルドー】ピヴァ家

今年は2021年よりも少し早い時期に春の霜がありました。ぶどうの芽が成長する前だったので大きな被害を免れました。
雹も私たちのシャトーからは離れた場所に降ったので問題はありません。
このまま何も起きなければいいのですが、暑さは続いているので注意していきたいと思います。
もしこのまま上手くいけば、困難が多かった2021年に比べ、2022年は復活のヴィンテージと呼べる出来になるかもしれません。

(2022.6.22)

フランス・ボルドー

ピヴァ家

ピヴァ家の住居は、13世紀にエドワード2世の命で建てられた、国の指定文化遺産である正真正銘の城。当主は本当に「熱い」オーガニック実践者。数々の受賞歴を誇るワインがぶどうの質と造り手の腕を証明している。

【フランス・ロワール】ショヴァン家

ロワール渓谷の西側にある私たちのアンジューの畑では、現時点で熱波や雹の被害はありません。
東のトゥーレーヌ地方と中央地方で激しい雷雨がありました。
猛暑の被害はそれほど大きくはありませんが、土壌によっては干ばつや水不足の影響がぶどうに出るかもしれません。理想としては収穫までの間に良い雨が降ってぶどうの成長に必要な水分が与えられることです。

気候の変動で農業全体に影響があり、なんとか対応しなければならないと感じています。

(2022.6.22)

フランス・ロワール

ショヴァン家

2005年からオーガニック農業へ転換。ロワール原産で特にアンジューの特徴的な品種であるシュナン ブランの魅力を広めるべく、ドメーヌの土壌を限りなく反映したワイン造りを目指しています。

【フランス・ボジョレー】シュブラン家

今は雹による被害はありませんが、まさにこの文章を書いている最中に家から15キロほど離れた場所を激しい雷雨が通過していました。
季節外れの高い気温で、天候は非常に不安定で心配は尽きません。
仲間の中には畑が被害を受け、収穫の大部分を失ってしまった人もいました。
ただ、このまま上手くいけばぶどうの出来はとても良い年になると思っています。

(2022.6.22)

フランス・ボジョレー

シュブラン家

ボジョレ地区南部で5世代前からブドウ栽培。当主は元農学校教授。ビオディナミを実践する友人のワインに感動したことから2008年にオーガニック転換を決意。自身も実践しテロワールを生かすワイン造りを追及。

【オーストリア・ニーダーエスタライヒ】ディヴァルト家

オーストリアでは熱波の影響は見られず、今後も来る予報がないのでひとまずほっとしています。
ただオーストリア現地のニュースでも南フランスでの被害のニュースが放送されているので、ほかの生産者たちを心配しています。

(2022.6.21)

→ディヴァルト家の2022年レポートへ

オーストリア・ニーダーエスタライヒ

ディヴァルト家

18世紀から続くワイン農家で、オーガニック歴40年以上の、オーストリアオーガニックワイン界のパイオニア。2009年から当主を務めるマーチンは、伝統と新進気鋭が融和したワイン造りで土地と品種の特徴を最大限に引き出す。

【フランス・ガスコーニュ】バロー家

雹の影響でいくつかの畑は半分以上が被害を受けました。
熱波によって40℃になった日もあり、畑はかなりダメージを受けてしまいました。

(2022.6.21)

フランス・ガスコーニュ

バロー家

三銃士ダルタニアンの出身地で有名なフランス南西部ガスコーニュ。オーガニック農家は少なく難しい地だがそれでも高い技術力と忍耐で果敢にチャレンジするのが誇りと言い切る。妥協の無い徹底した品質管理が身上。



2023年 干支ワイン「卯」(うさぎ)好評発売中 ボジョレーヌーヴォー2022ご予約受付中

おうちワイン応援キャンペーン

オーガニックワイン アウトレット特別セール

マヴィのお歳暮オーガニックワイン2022

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。