12月2日に発表された、Agence Bio(フランスのオーガニック発展のため活動する公的機関)主導のアンケート結果によれば、2004年は約44%のフランス人がオーガニック食品を定期的に消費していた(2003年度は37%)。しかし、フランス国立オーガニック農業連盟(FNAB)が指摘しているように、フランスのオーガニック生産は停滞しており、2004年の転換者数は極めて少なくなっている。

(さらに…)