Brasserie BLESSING
生産農家:ブレッシング家
使用原材料:麦(アルザス産)、ホップ(アルザス産)、酵母、水(ヴォージュ山脈からの)
オーガニック認証:エコサート

ブラッスリー ブレッシングはアルザス地方北部のヴァルトハンバッハにあります。生命工学の研究者の夫トマと建築家の妻ナタリーは仕事の関係でモンペリエに住んでいましたが、自然に囲まれた生活を長い間夢見ていました。そしてとうとう2013年に祖父の生まれ育ったこの村に移住しました。
この人生の選択は縁のある土地で自然に囲まれながら何か高品質で手づくりのものをオーガニックでつくりたいという情熱をもたらしました。

彼らはまず小さな農家を購入して改修しました。翌年の2014年、ガレ―ジ内にとても小さな醸造所をつくりました。当初からの“ローカルなものだけを使う”という信念を守り、アルザス産の麦とホップだけを使ってビールをつくっています。現在の生産量は年間40キロリットルととても少なく、アルザスでしか販売していません。2018年から息子のチボーも加わり、増産体制を整えています。建築家の妻ナタリーの腕の見せ所です!(とても張り切っています)

彼らはビールを造るのに麦、ホップ、酵母、の3つしか使いません。この3つの組み合わせで無限につくりたいビールを表現できるといいます。まるで、三原色の組み合わせのように。ホップは煮出して苦みを出すだけでなく、最後にも加えて香りだけを抽出するという手の込みようです。

そんな彼らがつくるビールはシャンパーニュのように瓶内で二次発酵させます。勿論、無濾過&無殺菌です。家族で協力して創作した味わいは毎年2月にパリで開催される国際農業見本市で多くの賞を受賞しています。
*ラベルデザインは妻のナタリーが担当。
最近ではビールをアペリティフとして飲むだけでなく、ワインのようにフードペアリングを楽しむ文化がパリを中心に発展してきています。個性溢れるブレッシング家のビールを様々なお食事と一緒にお楽しみください。

ブレッシング家のビールはこちら