1. HOME
  2. プレスルーム
  3. 【プレスリリース】オリジナルワイン干支ラベル(寅)オーガニックワイン発売のお知らせ
プレスルーム

【プレスリリース】オリジナルワイン干支ラベル(寅)オーガニックワイン発売のお知らせ

プレスルーム

オーガニックワイン専門商社マヴィ株式会社(東京都港区赤坂、代表取締役社長:田村安)は、2021年11月1日よりオリジナルラベルの干支ワイン2種を販売いたします。

新発売の干支ワインは、2022年の干支である「寅(とら)」をモチーフに、人と人を結ぶ意味のある水引を絵柄にしたフランス・ボルドー産のオーガニックワインです。毎年人気のオリジナル商品で、これからの季節の贈り物やご自宅用に幅広くお使いいただけます。

ワイン生産者であるピヴァ家はイタリアのピエモンテ州出身のワイン生産者ですが、先々代からボルドーに移住し、卓越した醸造技術で数々のメダルを受賞して、2つのシャトーを所有するようになった人気の生産者です。そんなピヴァ家が、日本の食卓に合わせて優しい味わいのワインを特別醸造したのが「干支ワイン」です。毎年変わる目出度い干支のラベルデザインをあしらった赤ワインと白ワインは、見た目も味わいも多くの方々に喜ばれています。

白ワインはぶどう品種「ソーヴィニヨン グリ」を主体に「セミヨン」をブレンド。華やかな香りと、爽やかですっきりとした味わいが印象的。和食やおせちにも相性抜群の辛口タイプです。赤ワインは「メルロー」「カベルネ ソーヴィニヨン」「カベルネ フラン」の3つをブレンド。黒果実やスパイスの香りに、柔らかな果実味と穏やかな酸味のバランスが良い辛口タイプで、しゃぶしゃぶやすき焼きなどお肉を使った冬の鍋料理によく合います。

■商品概要「干支ワイン 白」

  • 商品番号:37007
  • 商品名:ボルドー(アントル ドゥー メール) 干支ワイン(寅) 白
  • タイプ:白ワイン(辛口)
  • 産地:フランス・ボルドー
  • 容量:750ml
  • ぶどう品種:ソーヴィニヨングリ、セミヨン
  • 生産者:ピヴァ家
  • 希望小売価格:2,700円(消費税込:2,970円)

■商品概要「干支ワイン 赤」

  • 商品番号:37015
  • 商品名:ボルドー 干支ワイン(寅) 赤
  • タイプ:赤ワイン(中口)
  • 産地・フランス・ボルドー
  • 容量:750ml
  • ぶどう品種:メルロー、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン
  • 生産者:ピヴァ家
  • 希望小売価格:2,700円(消費税込:2,970円)

■生産者概要「ピヴァ家」

ピヴァ家はフランス・ボルドー地方に2つのシャトーを所有しています。もともとはイタリア・ピエモンテ州で代々ワインづくりに携わってきましたが、1924年にフランス・ボルドー地方にあるアントル ドゥー メールに移りました。1961年にシャトー プショー ラルケ、1989年にシャトー デ セニャール ド ポミエの2つのシャトーを購入し、それぞれのブランドでワインをつくり続けています。オーガニック認証を取得する前からずっとオーガニック農業を続けてきましたが、環境に敬意を払い、お客様の健康にも留意するため、1984年に認証を取得しました。2つのシャトーはそれほど離れてはいませんが、標高や土壌の違いから全く異なる味わいのワインが生まれます。ワインづくりの大きな特徴として「月の動き」を大切にしており、今でも祖先の教えに従い、月の満ち欠けに合わせてぶどうの選定からワインづくりまでを行っています。世界最大規模のオーガニックワイン見本市「ミレジムビオ」で行われるワインコンクールをはじめ、多くのメダル受賞をもち、質の高いオーガニックワインは日本でも多くの愛飲家を魅了しています。

生産者:ピヴァ家
地方名:フランス・ボルドー
生産者の詳細:https://www.mavie.co.jp/c/wine/producer/pro-france/s-37

■会社概要

●マヴィのあゆみ

1998年創立、生産者から日本の食卓までワイン・環境・食への思いをつなぐオーガニックワイン専門インポーター。生産者を一軒一軒訪ね、厳選した38農家200種類以上の美味しいオーガニック認証ワインのみを輸入販売。直営のマヴィ赤坂本店(東京・港区)、FC店のマヴィ新高円寺店(東京・杉並区)を運営。

【本件の連絡先】
マヴィ株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂2-21-5
広報担当 羽鳥
TEL:03-6277-8168
FAX: 050-3606-5521
問い合わせフォーム


イベント情報

アーカイブ一覧

月を選択

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。