食材から春を感じて、楽しいワイン選び

だいぶ日が長くなってきました。季節の移り変わりは食材を通しても感じられますね。瑞々しい野菜を手に取るとエネルギーがもらえるようで元気になります。今回はお料理上手なスタッフAが旬の食材と色々合わせて美味しいワインをお選びしました。お料理のポイントも是非参考にしてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャベツ

冬に出回る、煮込み向きの重くてどっしりしたものと異なり、巻きがふっくらしていて、生で食べるとキャベツ本来の甘味やさわやかさを感じることができます。時短で火がはいるので、調理も簡単です。

キャベツとアンチョビの蒸し焼き

鍋、またはフライパンにアンチョビをお好み量入れ、その上に一口大にカットしたキャベツを敷き詰め、お酒または白ワインを少々ふりかけ、ベイリーフをのせ、蓋をし強火にかける。蓋がカタカタしだしアンチョビの香りがしてきたら一度蓋を取り、全体を混ぜ合わせ再び蓋をする。
蓋がカタカタしてきたら、弱火にし5分、その後火を消しそのまま5分蒸らして出来上がり。
おススメのワインはシャトー ド ルー 白またはガスコーニュ ロゼ

キャベツと甘夏のサラダ

千切りしたキャベツに塩少々ふりまぜ、しんなりさせる。大葉を千切りし水に浸す。甘夏は皮をむき、好みの大きさに割いておく。キャベツの水分を軽くしぼり、水切りした大葉と甘夏、オリーブオイル、白ごま、白コショーを加え和える、味が足りなければ塩をたす。
おすすめのワインはアンジュー 白


アスパラガス

春と言えば、多くの方が思い浮かべる食材ではないでしょうか。できれば毎日でも味わいたい。

アスパラガスのお浸

アスパラガスは固ゆでしておき、適当な大きさにカットしておく。鰹と昆布だし汁に醤油と酒を好みで加えひと煮立ちさせ、冷ましたものにアスパラガスを浸しておく。すぐに食べてもよいが、一日置くと更に美味しい。

牡蠣

まるごとが栄養のイメージの牡蠣。そのまま生でも、蒸し、焼き、揚げ等どんな調理法に適応可能な万能食材ではないでしょうか。

牡蠣フライ

スーパーのお惣菜コーナーの定番ではありますが、おうちで一から作ると衣が薄めに仕上がり、牡蠣の味わいがさらに引き立ちます。
白ワインを合わせたい(いや合うに決まっている)ところですが、ここはあえて赤を。アスパラも同じくこちらのワイン!
おススメのワインはブルゴーニュ ヴィエイユ ヴィーニュ 赤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いかがですか。シンプルな料理は素材が要。マヴィのオーガニックワインもより一層美味しく飲めます。食材と向き合い元気の良い、旬の野菜や魚を選んで豊かな時間となりますように♪

関連記事

  1. 私がガメイをおススメする理由

  2. 個性的赤と定番赤の意外な面?

  3. ついつい選んでしまう、このワインたち

  4. 季節の移ろいと大人の赤ワイン

  5. 100%DIY ハンドメードの店舗作り

  6. 畑とぶどうと人~11/19ボジョレー解禁④

営業日

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

平日営業:14:00~19:00

土曜営業:13:00~19:00

日曜祝日営業:12:00~18:00

短縮営業:13:00~18:00

短縮営業:14:00~17:30

休業

  1. マヴィの微発泡ワイン|試してみたい、この新「飲」感

  2. スプマンテ ヴェネツィア 発泡

    スプマンテ ヴェネツィア 発泡|居酒屋で最高に旨い泡

  3. ペネデス マルヴァジア|新しい出会い!個性を、品…

  4. 旨いSO2フリー|トスカーナの血管外科医が作るワイン

公式facebook

公式twitter