ビーフステーキとワインのマリアージュ

肉料理の横綱ビーフステーキ

肉料理の横綱「ビーフステーキ」。厚切りにした牛肉を焼いた料理の総称です。ただ肉を焼いただけのシンプルな料理ですから、材料の肉によって全く違った味わいに仕上がります。牛肉の輸入ができなかった時代は「ビフテキ」は清水の舞台から飛び降りる勢いのご馳走でしたが、輸入牛肉が一般的になったため、家庭でもちょっといい日の食卓に上るようになりました。

ビーフステーキとワインのマリアージュの基本

国産牛肉の「A5ランクの霜降り肉」のステーキと、アメリカ産サーロインステーキ、オーストラリアのタスマニア産フィレステーキでは、同じビーフステーキとでは値段だけでなく、何もかもあまりにも違い過ぎて、一括りにビーフステーキとしてワインの相性を語るのは困難です。よく牛肉には赤ワインと言われますが、脂肪が肉全体に混じるA5ランクの霜降り肉にはむしろ白ワインとのペアリングの方がおすすめです。アメリカンビーフやオージービーフはやはりセオリー通り赤ワインがおすすめですが、肉の部位ごとにタイプが変わってきます。またソースによってもワインペアリングがガラッと変わります。

かんたんステーキソース

ステーキにはソースが付き物です。玉ねぎを炒めたり、ドミグラスソースを使ったりと、プロの味は多様ですが、家庭ではそんなに難しく考えることはありません。とてもお手軽なソースはこれ。数分間で作れます。

焼きあがった肉を皿に取り、フライパンに残った脂に赤ワインをたっぷり注いで煮詰め、バターとバルサミコ酢を加えてちょっと加熱して、最後に醤油。仕上げに黒胡椒を振って出来上がり。

ソースに使う赤ワインは料理用ワインではなく、もったいなくてもステーキと一緒に飲みたいワインを使うことで、マリアージュがバッチリと決まります。

それでは肉の種類ごとにステーキとワインのマリアージュを見ていきましょう

国産霜降り肉のビーフステーキと白ワインのマリアージュ

国産A5ランクの牛肉は、脂肪分が肉全体に混じりまろやかな脂肪の甘さがあり、酸のキレと重みをもった白ワインとのマリアージュがおすすめです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

グリッロ 白

華やかでボリューム感のある香り。口に含むと、丸みを帯びた果実味に広がるフレッシュで心地よい酸味。わずかな苦味とミネラル感が余韻へと続く。

輸入牛肉のサーロインステーキと赤ワインのマリアージュ

牧場で放牧されて育った輸入牛のサーロインは、赤身の肉と脂肪が分かれているので、肉本来の味とビーフステーキの強さが最もはっきり出ます。この強さと同調するのは、酸、タンニン、果実味がしっかりした重めの赤ワインです。それらの要素がステーキの脂をいい具合に吸収してくれて、肉の本来の旨みが引き立てられます。

フランス

ボルドーのオーガニックワイン

シャトー プショー ラルケ 赤

13世紀に建てられた指定文化遺産の城で造られるカベルネソーヴィニョン主体の重口ワイン。数々の受賞歴を誇るピヴァ家のオーガニックワインです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ 赤

95%以上がフランス国内で消費され、日本では入手困難なペルチエ家のワイン。凝縮感のあるフランボワーズや薔薇の香りが美しく、クラス以上の上質さを感じるブルゴーニュのオーガニックワインです。

輸入牛肉のフィレステーキと赤ワインのマリアージュ

牧場で放牧されて育った輸入牛のフィレは、脂肪が全くなく上品です。そのため重厚というよりは優しさのある赤ワインとのペアリングがおすすめです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ラドワ 赤

ラドワのワインは生産量も少なく日本で見かけることは少ないのですが、フランスでは人気があり、ポテンシャルの高い産地です。価格以上の力強さを感じる、コストパフォーマンスの非常に良いワインです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

サントネー 赤

綺麗な酸味を際立たせるように果実味、その後に渋味が絶妙なバランスで広がる。この上なく繊細な味わい。非常に軽やかで美しいブルゴーニュ

せっかくのビーフステーキ、マリアージュを決めて存分に楽しんでください。

お手軽なハンバーグも混ぜ物を使わなければビーフステーキ。こちらも参考にしてくださいね。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報