ステーキとワインのマリアージュ

肉料理の横綱「ステーキ」。
厚切りにした肉を焼いた料理の総称ですが、誰もが想像するのはビーフステーキ。
国産和牛はもちろん、お値頃な輸入ビーフも人気。
サーロインはミディアムに焼き上げてオニオンソース、フィレはレア気味に網焼きにして塩とペッパーのシンプルな味付け等々、色々な楽しみ方がありますが、マリアージュのお相手はやっぱり重めの赤ワイン!

ステーキが持つ強さと同調するのは、酸、タンニン、果実味、スパイシーさ等々、多くの要素を持つ重めな赤ワインです。
それらの要素がステーキの脂をいい具合に吸収してくれて、肉の本来の旨みが感じられます。
赤身が少なく、脂の量が多ければ多いほど、重めなワインを選ぶと良いでしょう。

ソースも和風に洋風、サルサ風など色々ありますが、どのワインにも重めの赤ワインが〇。
脂に飽きることなく、美味しく食べ続けることができるかが相性の良さの基準です。

部位や焼き方、ソースによって、相性のいい赤ワインを是非見つけてください。

ステーキに合うワイン

赤ワイン