秋刀魚(さんま)とワインのマリアージュ

サンマの塩焼き

秋の旬といえば、秋刀魚(さんま)。サンマは日本列島沖の太平洋を回遊する魚で、春から初夏は黒潮に乗って北上、夏に国後~択捉島沖で反転して沿岸に近づき漁師の網にかかります。高速で泳ぐため体は刀のように細長いので「秋刀魚」。脂の乗った秋のさんまの塩焼きは日本人の大好物です。

さんまの食べ方

さんまの塩焼きは、はらわたの苦味が少なく、丸ごと美味しく食べられます。はらわたまで食べられる理由は、サンマには胃がないため、内臓に消化物がほぼ入っていないからだそう。塩焼き以外にも、カルパッチョや揚げものなど食べ方も様々、パスタの具としても大活躍。苦味の中に旨みもあってコクのある味わい。旬の美味しさをたっぷり楽しめます。

さんまとワインの基本ペアリング

脂の乗ったさんまはワインにぴったり。魚介類には軽めの白ワインを合わせがちですが、さんまは味や香りが強く、旨味もあるので、コクのある白や赤ワインも合います。お料理を工夫して色々なワインを合わせてみましょう。

白ワインとさんまのマリアージュ

買ってきたさんまに塩を振って焼くだけで十分美味しいのは、旬ならではの食材ゆえ。スダチやカボスを絞るように柑橘系の白ワインを合わせましょう。ただ旨みや複雑味もあるので、少しコクのあるタイプも合います。
さらにコクのある白や樽香のある白を合わせたい場合は、オリーブオイルで煮てコンフィにしたり、マスタードを塗ってオーブン焼きにしてみてはいかがでしょうか。おすすめです!

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

シチリアの土着品種を使ったフレッシュでフルーティな白ワイン。みずみずしい味わいが楽しめるオーガニックワインです。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

スパークリングワインとさんまのマリアージュ

魚の中でも特に脂が乗っていて旨味もあるので、爽やかなスパークリングワインも合います。オリーブオイルをたっぷりかけたカルパッチョはいかがでしょう。香ばしく仕上がる竜田揚げも、油っこさを洗い流してくれるので、スパークリングワインにぴったりです。

スペイン

バレンシアのスパークリングワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

赤ワインとさんまのマリアージュ

さんまは青魚で鉄っぽいニュアンスもあるため、軽めの赤ワインも合います。塩焼きと赤ワインを合わせるのは難しいですが、少し甘めの味付けの甘露煮や蒲焼きはいかがでしょう。洋風ならトマト煮やトマトソースがけがおすすめです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト 赤

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ 赤 – ドメーヌ シャペル 赤

赤い果実香に薔薇、シナモン、少し土も感じる美しい香り。フレッシュな酸味を支える果実味も滑らかで上品。

いかがでしたか。塩焼きだけなんてもったいない。ぜひ色々なレシピにトライしてみてください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. フムス

    フムスとワインのマリアージュ

  2. チョリソー

    チョリソーとワインのマリアージュ

  3. 牛しゃぶとワインのマリアージュ

  4. カスレ

    カスレとワインのマリアージュ

  5. カルパッチョ

    魚介のカルパッチョとワインのマリアージュ

  6. 豚の生姜焼き

    豚の生姜焼きとワインのマリアージュ