ガスパチョとワインのマリアージュ

ガスパチョ

ガスパチョは、スペインのアンダルシア地方で生まれた伝統的な冷製料理です。冷製スープと言われることもありますが、水を加えず野菜の水分だけで加熱もしませんから、「飲むサラダ」で、爽やかな酸味が食欲を引き立ててくれる、夏バテ防止にはぴったりの前菜です。今ではフランス料理でもヘルシー志向の夏の一品として取り入れられています。

元々南スペインの料理なのでワインとの相性が悪いはずがありません。暑い日本の夏にはうってつけの、ガスパチョとワインのマリアージュを楽しんでみませんか。

アンダルシア風ガスパチョとワインのマリアージュ

スペイン風のガスパチョで、ガスパチョといえば、こちらを思い浮かべる方が多いでしょう。サラダに使う夏野菜(トマト、キュウリ、パプリカ、セロリ、玉ねぎ等)にドレッシングの材料(オリーブオイル、ワインビネガー、塩コショウ、ニンニク)を加え、フードプロセッサー等を使ってピューレ状にした前菜です。パンをちぎって一緒に回すとさらにとろみとボリュームが出ます。スペインではニンニクを使うことが多いですが、ニンニク抜きでもあっさりと美味しく作れます。

トマトがベースなので、その酸味にあわせて、辛口ロゼがぴったりです。夏野菜のニュアンスにもロゼは相性抜群です。また、スペインのスパークリングワイン、カヴァもさっぱりとしたペアリングでおすすめです。

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。

スペイン

バレンシアのスパークリングワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

ポルトガル風ガスパチョとワインのマリアージュ

ポルトガル風のガスパチョは、ピューレ状にせず野菜を角切りにするだけなので食べ応えもあり、パンも食感を残したものが多くあり、ワインにも合わせやすいのが特徴です。まさに食べる野菜スープなので、野菜の優しい風味に合わせて、爽やかな白ワインが合うでしょう。ビネガーが効いた味わいなら酸味のあるワイン、ハーブが効いた味わいなら香りのあるハービシャスなワインが合うでしょう。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ 白

グレープフルーツや桃、パイナップルなど様々な果実の香りに微かなトーストのニュアンス。まろやかな果実味と酸味のバランスが大変良く、長い余韻にはほんのり塩味を思わせるミネラル。ボリュームのある白。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

ソーヴィニヨンブランらしいトロピカルフルーツやハーブを感じる香りと、ほどよいボリューム感が楽しめる辛口のオーガニックワインです。

ソースとして楽しむガスパチョとワインのマリアージュ

最後にご紹介するのは、ガスパチョをソースとしていただく方法。ピューレ状も角切り野菜のガスパチョも、お魚料理のソースにしても美味しくいただけます。魚のカルパッチョならミネラル感のある白ワイン、グリルなら少しコクのある白ワインが合うでしょう。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

シチリアの土着品種を使ったフレッシュでフルーティな白ワイン。みずみずしい味わいが楽しめるオーガニックワインです。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

モン 白

香りは華やかで柑橘系果実や白い花、やや香ばしいニュアンスとその奥に凝縮したミネラル。まろやかな果実味の中に力強い酸味。複雑な味わいで飲み応えがあり余韻も非常に長い。

いかがでしたか。オリーブオイルと塩だけのシンプルな味付けですが、野菜の風味がワインにぴったり。夏の暑い時期には是非楽しんでください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. ピザ

    ピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュ

  2. スイカとスパークリングワインの朝食

    スイカとワインのマリアージュ

  3. 焼餃子とワインのマリアージュ

  4. エスカルゴとワインのマリアージュ

  5. カナール コンフィ

    鴨のコンフィとワインのマリアージュ

  6. グラタン

    グラタンドフィノワとワインのマリアージュ