ガスパチョとワインのマリアージュ

ヨーロッパで夏によく食べられるスープといえば、ガスパチョ。スペインのアンダルシア地方で生まれた伝統的な冷製スープです。爽やかな酸味が食欲を引き立ててくれる、夏バテ防止にぴったりなお料理です。

ワインに合わせて、色々なガスパチョを楽しんでみませんか。

まずは、ピューレ状のガスパチョ。
スペイン風のガスパチョで、ガスパチョといえば、こちらを思い浮かべる方が多いでしょう。トマトをベースにキュウリや玉ねぎ、ニンニク等の野菜をミキサー等を使ってピューレ状にしたクリーミーなスープです。水でふやかしたパンを入れることでさらにとろみが出るので、さらっとしたスープよりもワインに合わせやすくなります。トマトがベースなので、その酸味にあわせて、辛口ロゼがぴったりです。夏野菜のニュアンスにもロゼは相性抜群です。また、同郷のスパークリングワイン辛口のカヴァもさっぱりとした組み合わせでおすすめです。

次は、角切り野菜のガスパチョ。
ポルトガル風のガスパチョで、ピューレ状にせず野菜を角切りにするだけなので食べ応えもあり、パンも食感を残したものが多いそうです。まさに食べる野菜スープなので、野菜の優しい風味に合わせて、爽やかな白ワインが合うでしょう。ビネガーが効いた味わいなら酸味のあるワイン、ハーブが効いた味わいなら香りのあるハービシャスなワインが合うでしょう。

最後におすすめするのは、ガスパチョをソースとしていただく方法。
ピューレ状も角切り野菜のガスパチョも、お魚料理のソースにしても美味しくいただけます。カルパッチョならミネラル感のある白ワイン、グリルなら少しコクのある白ワインが合うでしょう。

いかがでしたか。オリーブオイルと塩だけのシンプルな味付けですが、野菜の風味がワインにぴったり。夏の暑い時期には是非楽しんでください。

ガスパチョに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン

ガスパチョには、ネヴァド家「スペイン産オーガニックオリーブオイル」をぜひお使いくださいね。