魚介のフリットとワインのマリアージュ

フリットとは、イタリア語で衣をつけた揚げ物のことで、英語ではフリッターと言います。本場イタリアでは、エビ、イカ、タコ、小魚等の魚介類が一般的ですが、野菜のフリットもよく食べられます。
フリットと他の揚げ物との違いは衣。パン粉は使わず、小麦粉と卵黄と塩に、卵白を泡立てたメレンゲ、そしてイタリアでは牛乳も入れます。メレンゲは、衣にふわっとした軽い食感を出すために加えるのですが、日本ではメレンゲの代わりに、ベーキングパウダーや炭酸水を使うレシピも見かけます。

揚げ物は全般的にワインとの相性は抜群ですが、衣の質感が軽いフリットには、軽めのワインがおすすめです。

まずはスパークリングワイン
アツアツの揚げ物にはよく冷えたスパークリングが合います。爽やかな泡が、油っこさをすっきりと流してくれるだけでなく、魚介の旨味を引き立ててくれます。

次のおすすめは柑橘系の白ワイン
魚介のフリットは、シンプルにレモンと塩をかけていただくことが多いので、柑橘系の爽やかな白ワインがぴったり合います。衣のサクサク感を残すために、レモンの代わりに、ワインを合わせるのもおすすめです。

最後はミネラリーな白ワイン
魚介にはミネラル感のある白ワインが合いますが、わかさぎやきびなご等の小魚は苦味があるものが多いので、苦味を感じるミネラリーな白ワインがぴったりです。グリューナーフェルトリーナーは、酸とミネラルのバランスがよく、後味にほのかな苦味を感じるので、小魚のフリットとベストマリアージュです! 

いかがでしたか。旬の魚介を選んで、ぜひ美味しいマリアージュを楽しんでください。

魚介のフリットに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン