ブッフ・ブルギニヨンとワインのマリアージュ

ブッフ・ブルギニヨンとは、フランス語でブルゴーニュの牛。
牛肉と野菜をたっぷりの赤ワインに漬け込んで煮込むお料理で、代表的なフランス料理のひとつですが、もともとはブルゴーニュ地方で気軽に作られていた郷土料理です。

マリアージュのセオリーに沿って、ブルゴーニュの赤ワインを合わせましょう。ワインに漬け込むことで、コクもあり、ほろっと柔らかに仕上がった牛肉には、まろやかな果実味とタンニンを持つブルゴーニュワインがぴったりです。

<ピノノワール>

本場のブッフ・ブルギニヨンは、地元のピノノワールを使うことが多いので、同じワインを合わせましょう。それぞれの風味が相乗効果を発揮して、旨味が共鳴します。またピノノワールの綺麗な酸が、お肉の脂を程よく流してくれるので、美味しく食べ続けることができるでしょう。

高級レストランでいただくような、より上品な味わいのブッフ・ブルギニヨンには、少し上質なピノノワールを選べば、特別な一皿に。ブルゴーニュワインには、地域名、村名、プルミエクリュ、グランクリュと格付けがあるので、村名以上をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

<ガメイ>

もう少しカジュアルに合わせたい場合は、ボジョレー地区のガメイもおすすめです。ガメイは優しい印象ながら、しっかり芯があるワインなので、野菜がたくさん入った、滋味深い味わいのブッフ・ブルギニヨンにはぴったりです。

時間をたっぷりかければ、ご自宅でも美味しく作れるブッフ・ブルギニヨン。付け合わせのパスタやマッシュポテトも、ワインとぴったり合うでしょう。ぜひお試しください。

ブッフ・ブルギニヨンに合うワイン

赤ワイン