カスレとワインのマリアージュ

カスレ

カスレとは

カスレとは、白インゲン豆を鴨や羊、ソーセージ等のお肉と煮込んだフランス南部の郷土料理。濃厚でボリュームのある一品ですが、旨味をたっぷり吸ってとろけたインゲン豆は優しく滋味深い、何度でも食べたくなる美味しさです。

発祥の地とされているのは、歴史的にはラングドック地方に入る、トゥールーズ、カステルノダリー、カルカッソンヌ。この3市があるピレネー山脈と中央高地の間の谷は、大西洋と地中海を結ぶ重要なルートとなるため、ローマ時代から中世が終わりフランスが統一されるまで、この谷の街道を巡って戦乱が絶えませんでした。これらの町は戦いに備えるため街の周囲を囲んだ城壁都市で、敵に攻められると援軍が来るまで何か月も籠城して待ちます。そこで、保存できる塩漬け肉と乾燥豆のみの籠城生活から産まれたのがカスレなのです。

戦乱の時代が遠い昔になった現在も、この地方では厳しい冬を乗り切る料理として、カスレは地元の濃厚なワインとともに愛されています。ラングドック地方は、もちろんワインの名産地!フランス南部らしい、太陽の光をいっぱい浴びた果実味たっぷりの赤ワインがカスレにぴったりです。

ラングドック ルーション地方のワイン

ぶどう栽培に理想的な気候のこの地方は、美味しいワインの宝庫。シラーやカベルネソーヴィニヨン、カリニャン等のブレンドで造られることの多い赤ワインは、どれも果実味やタンニンのしっかりしたフルボディなので、スパイスを効かせたり、数種のお肉を使った複雑な旨味のカスレとの相性は抜群です。
ホクホクとしたお豆の優しい甘味やトマト味を楽しめるカスレには、酸を感じるミディアムタイプをチョイスしてもいいでしょう。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

カバルデス キュヴェ エクスキーズ 赤

ラングドックのAOCカバルデス。南仏とボルドーの品種をブレンドし、程よい樽香と複雑さが感じられる重口の赤ワインです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー 赤

ゴーミヨー誌で「ラングドックルーションの新星」として取り上げられたセブリーヌの作品。力強さとしなやかを合わせもつオーガニックワインワイン。

フランス

ローヌのオーガニックワイン

ジャルダン スクレ コスティエール ド ニーム キュヴェ プレスティージュ 赤

特別な区画で収穫したシラーを使い、しっかりとした味わいが楽しめる濃い重口の赤ワイン。ローヌの自然豊かな畑で造られたオーガニックワインです。

いかがでしたか。時間をかければご家庭でも美味しく作れるカスレ。古くから食べられているお料理だからこそ、同郷のマリアージュが間違いありません。ぜひお試しください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. カキフライ

    牡蠣フライとワインのマリアージュ

  2. フリット

    魚介のフリットとワインのマリアージュ

  3. お好み焼きとワインのマリアージュ

  4. オムライスとワインのマリアージュ

  5. ポテトサラダ

    ポテトサラダとワインのマリアージュ

  6. クリームパスタ

    パスタ(クリーム系)とワインのマリアージュ