チーズフォンデュとワインのマリアージュ

チーズフォンデュ

チーズフォンデュとは

チーズに白ワインを入れて煮込んだ料理、チーズフォンデュ。スイスの郷土料理として有名ですが、イタリアやフランス等ヨーロッパアルプス山中の寒い地方で食べられています。日本でいえば気取らない鍋料理のようなもので、その土地のチーズと白ワインを使用するので、決まったレシピはありません。

チーズを温めたワインで溶かし、そこに硬くなってしまったパンを浸して、柔らかくして美味しく食べるために工夫したのが発祥ですが、チーズと相性が合えば具材は自由です。

最近では日本でもすっかりおなじみ。ホットプレートを使って気軽に作ったり、専用の鍋や串も手軽に手に入ります。美味しさはもちろん、大勢で楽しめる要素もあって人気のメニューです。

本場のスイスではエメンタールチーズやグリエールチーズを白ワインで溶かしますが、もちろん他のチーズでもフォンデュは美味しく作れますので、いろいろと試してみてください。ただしチーズによってはうまく溶けてくれなかったり、溶けてもすぐに固まってしまうこともありますから注意しましょう。私もスーパーで細切りのピザ用チーズを買って溶かしてみたのですが、すぐにゴムのように固くなって失敗した経験があります。プロセスチーズだとうまく溶けないこともあるので、なるべくナチュラルチーズを選びましょう。また冷たいワインにチーズを入れて加熱するのではなく、十分に熱したワインにチーズを入れて弱火で溶かしてください。

チーズフォンデュとワインの基本ペアリング

白ワインをベースに使うので、合わせやすいのは白ワインですが、旨味とコクのあるチーズソースは赤ワインも合います。白なら香りのあるタイプやコクのあるタイプ、赤なら渋味のおだやかなタイプがおすすめです。ここでは、定番の具材ごとにご紹介します。

バケットのチーズフォンデュとワインのマリアージュ

もっとも定番の具材はバケット。アツアツのチーズをストレートに楽しめるので、ベースに使ったチーズの濃度に合わせて中程度~重めの白ワインがおすすめ。また、ベースのワインと同じもの、あるいは同じタイプで格上のワインを合わせるのも、マリアージュの基本ルールです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

シャグリュ 白

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

イタリア

マルケのオーガニックワイン

パッセリーナ 白

イタリアで最も美しい村の1つ、マルケ州オッフィーダの急斜面畑で育ったパッセリーナ種を使用。果実味と酸味の調和したオーガニックワインです。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

茹で野菜のチーズフォンデュとワインのマリアージュ

バケットの次に定番の具材といえば茹で野菜。ジャガイモ、人参のほか、ブロッコリー等には、香りのある白ワインはいかがでしょうか。果実味とコクをバランスよく備えたリースリングやゲベルツトラミネールは、チーズをまとった茹で野菜とぴったりです。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザスリースリング 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種リースリング100%の辛口白ワイン。特徴的な際立つミネラル感と酸味のバランスが秀逸です。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ゲヴェルツトラミネール 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種ゲヴェルツトラミネール100%の辛口白ワイン。薔薇やライチなどの華やかな香りが魅力的。

ソーセージのチーズフォンデュとワインのマリアージュ

ソーセージや茹でた鶏肉も、チーズと一緒に食べることによって、旨味とコクが深まり、ワインに合います。渋味の少ない赤ワインはいかがでしょう。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

昔ながらのキャンティの味わいが楽しめる赤ワイン。毎日の食卓で気軽に楽しめるオーガニックワインです。

魚介のチーズフォンデュとワインのマリアージュ

エビやホタテ等の魚介もチーズソースとの相性は○。あらかじめ軽くソテーしたものがよいでしょう。ミネラル感とコクを持った白ワインはいかがでしょう。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

シチリアの土着品種を使ったフレッシュでフルーティな白ワイン。みずみずしい味わいが楽しめるオーガニックワインです。

いかがでしたか。定番の具材以外にも、食べきれなかったおかず等をぜひ試してみてください。少しの味噌を加えて和風に仕上げれば、より食べやすく、ワインも進みます。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら


ワインとのペアリングを料理ジャンル別にまとめました。


こちらもいかがですか?

  1. アクアパッツァ

    アクアパッツァとワインのマリアージュ

  2. チキンソテーとワインのマリアージュ

  3. カナール コンフィ

    鴨のコンフィとワインのマリアージュ

  4. フグ鍋

    ふぐ鍋(てっちり)とワインのマリアージュ

  5. オイルパスタ

    パスタ(オイル系)とワインのマリアージュ

  6. アサリのワイン蒸し

    アサリの白ワイン蒸しとワインのマリアージュ

  1. チキンフリカッセとワインのマリアージュ

  2. 鶏のから揚げ

    鶏のから揚げとワインのマリアージュ

  3. ムニエルとワインのマリアージュ

  4. チョコレートケーキ

    ガトーショコラとワインのマリアージュ

  5. チーズフォンデュ

    チーズフォンデュとワインのマリアージュ

  6. 生牡蠣とワインのマリアージュ

  7. 肉じゃが

    肉じゃがとワインのマリアージュ

  8. 白和えとワインのマリアージュ

  1. タパス

    タパス&ピンチョスとワインのマリアージュ

  2. ふぐ刺身

    ふぐ刺し(てっさ)とワインのマリアージュ

  3. キッシュ・ロレーヌとワインのマリアージュ

  4. 寄せ鍋

    寄せ鍋とワインのマリアージュ

  5. タルトフランベとワインのマリアージュ

  6. おでんとワインのマリアージュ

  7. 生牡蠣とワインのマリアージュ

  8. ブイヤベース

    ブイヤベースとワインのマリアージュ

料理タイプ別マリアージュ

イベント情報