オイルサーディンとワインのマリアージュ

オイルサーディンとは

サーディンは小さなイワシのことで、塩漬けにした後にオイルで煮込んだものがオイルサーディン。保存食として世界中で食べられていて、ご家庭でも作れますが、手軽な缶詰が多く流通しています。シンプルに素材の旨みを味わえて、和食にも洋食にも合う便利な食材です。

オイルサーディンとワインの基本ペアリング

オイルサーディンの旨みを強調しつつ、口の中をさっぱりさせてくれる、程よい酸味や柑橘系のスパークリングや白ワインがよく合います。アレンジ調理すれば、ワインの幅はさらに広がります。ワインの種類にあわせて、缶詰のオイルサーディンを使ったレシピをご紹介します。加熱は缶ごとトースターに入れれば簡単ですよ。

スパークリングワインとオイルサーディンのブルスケッタのマリアージュ

スパークリングワインにはブルスケッタはいかがでしょう。バケットにオイルサーディンと相性のいいタマネギやミニトマト等をのせるだけのオープンサンドです。パンがサーディンの脂分とオイルを吸ってくれるので、さっぱり食べられるのでスパークリングがぴったり。火を使わず簡単に作れるのに見た目も華やかなので、ホームパーティ等でもおすすめの組合せです。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

柑橘系白ワインとハーブ香るオイルサーディンのマリアージュ

缶のフタを開けて、ローズマリーやタイム等のハーブを加えて缶ごと加熱するだけで、缶詰とは思えないワンランク上のおつまみが完成! 加熱してサーディンの力強さが出てきますので、レモンを絞るように柑橘系の白ワインを合わせるのがおすすめです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

グリューナー フェルトリーナー 白

ディワルド家が最も力を入れている、オーストリアの代表品種グリューナーフェルトリーナー種100%。非常にフレッシュで爽やか。程よく広がる酸味と優しい果実味が清々しい、まさに「ピュア」なワイン。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

フレッシュでみずみずしいシチリアの白ワイン。十分な果実味があり、酸味とのバランスが良いので飲み疲れない味わいです。

樽香白ワインとチーズ入りオイルサーディンのマリアージュ

樽香のある少しコクのある白ワインを合わせるなら、チーズを使いましょう。パルミジャーノ・レッジャーノ(またはピザ用チーズ)をのせて火にかけるだけ。パン粉やマスタード、黒胡椒等を加えれば、ワインとの相性アップ! お好みでタマネギや長ネギ、トマト等をプラスして。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

赤ワインと和風オイルサーディンのマリアージュ

赤ワインと合わせる場合は和風オイルサーディンがおすすめです。醤油かポン酢をかけて加熱、仕上げに青ネギやかつおぶしを。スライスしたネギやきのこ類を加えるのもおすすめ。軽め~ミディアムの赤ワインが合います。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 赤

白ワインが主のコニャック地方で造られる赤ワイン。酸があり軽やかで口当たりも良いので鮪トロの刺身など和食にも合うオーガニックワインです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト 赤

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

いかがでしたか。上記のレシピをベースにしてパスタにしてもワインと合います。ぜひお試しください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報