アップルパイとワインのマリアージュ

アップルパイ

デザートの定番、アップルパイ

パイ生地に砂糖で甘く煮たリンゴを詰めて加熱したもので、原型は14世紀のイギリスで誕生したと言われています。今では、世界中で食べられていますが、アメリカ人は特にアップルパイが大好き! “as American as apple pie(アップルパイのように非常にアメリカ的な)” という表現もあるほど、国民的アイデンティティの一部になっており、5月13日をナショナル・アップルパイデー (National Apple Pie Day) に制定してしまったほど。

また、アップルパイとバリエーションの一つともいわれるタルト・タタン(Tarte Tatin)はフランス生まれ。リンゴをバターと砂糖で炒めてキャラメリゼし、焼けたらひっくり返して、リンゴの部分を上にしていただくのが特徴です。タタン姉妹がうっかりパイ生地を入れ忘れて焼き始めたことから偶然誕生したタルト・タタン。このデザートは、タタン姉妹が経営するホテル・タタンの看板デザートとなり、後に高級レストラン『マキシム』の固定メニューに加えられたため、世界中で有名になったと言われています。

スパークリングワインとアップルパイのマリアージュ

甘酸っぱいりんごがたくさん詰まったパイには、ほんのり甘口で微発砲のスパークリングワインがおすすめ。アップルパイとワイン、どちらにも甘みと酸味があるのですが、その2つが穏やかなハーモニーを奏でてくれます。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

ラ ボエーム(リムー古代製法) 発泡

これぞ自然!ぶどう果汁と皮に着いた天然酵母だけで、糖分を一切加えずに造る希少な古代製法の、酸化防止剤無添加、無濾過スパークリングワイン。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

ブラケット 赤 微発泡

完熟果物を口いっぱいに頬張ったかのようなみずみずしい味わい。そこにシュワっとひろがる、やさしい泡。甘くて、アルコール度数は6%なので、若い女性からご年配の方までお楽しみいただけます。

白ワインとアップルパイのマリアージュ

爽やかな白ワインとアップルパイも、夏に是非試してみてほしい組み合わせです。冷涼な気候で作られたワインの酸味がアップルパイの甘さを引き立てます。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザス エデルツヴィッカー 白

創業1620年で1960年代からビオディナミ農法のメイエー家が造る高貴品種ブレンドワイン。コストパーフォマンス抜群のオーガニックワインです。

クラフトビールとアップルパイのマリアージュ

味わい深いクラフトビールも、パイ生地と、そして焼きリンゴと絶妙に合います。8℃~10℃程度、あまり冷やさずにじっくり味わうことで、双方の味わいが増すことを確かめてみましょう。

フランス

アルザスのオーガニッククラフトビール

ホワイトビール

瓶内二次発酵で無濾過、加熱しておらず酵母がそのまま入っています。明るい小麦色で少し濁りがあり、ボリュームと持続性がある白い泡が特徴華やかなビールです。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報