バインミーとワインのマリアージュ

ベトナムのローカルフード、バインミーは、フランスパンにお肉等のメイン具材と、なますや野菜を挟んだサンドイッチ。もともとフランス領だったことから、フランス料理が根付いていて、ベトナムでは今でも美味しいフランスパンが作られているそうです。

様々な文化が入り混じるベトナム料理はワインとも相性抜群です。バインミーも、甘酢やニョクマム、ハーブやスパイス等、ワインに合う要素を沢山持っています。人気のバインミーメニューをワインに合わせてみましょう。

豚肉のバインミー(バインミーティット)
ハムや豚肉等のメイン具材に、なますや野菜が入った、日本でもおなじみのバインミーには、アルザスのピノグリゲヴェルツトラミネール等のコクのある白ワインが合います。ニョクマムの強い旨みにも負けず、なますの甘酢に同調するほのかな甘みと綺麗な酸もあります。パクチー入りならゲヴェルツトラミネールがベストマリアージュです。
また、本場ではレバーパテやチリソース等が加わるものも多くあります。それぞれの旨味が複雑に絡み合い、さらに豊かな味わいになるので、軽め~中程度の赤ワインも合うでしょう。複雑な旨みを赤ワインが受け止めてくれるイメージです。

目玉焼きのバインミー(バインミーオプラ)
メイン具材の目玉焼きとなますのハーモニーが、現地でもとても人気のメニューです。ワインは、卵のマイルドさに合わせて、スパークリングワイン優しい白ワインはいかがでしょう。ワイン片手にオープンテラスでのランチにぴったりですね。

サバのバインミー (バインミーカーホプ)
メイン具材は、サバやイワシのトマト煮で、現地では缶詰を使うことが多いそう。その絶妙な美味しさは、日本の専門店でも大人気。合わせるワインは辛口ロゼはいかがでしょう。白の爽快さと赤のコクを持ち合わせるロゼが、トマトや甘酢、爽やかな辛味等の要素にぴったりマッチします。

いかがでしたか。パンに挟むだけのシンプルな料理ですが、様々な旨みが絡み合って、ワインとの相性も抜群です。ぜひ色々なバインミーで試してください。

バインミーに合うワイン

白ワイン

赤ワイン

ロゼワイン

スパークリングワイン