バインミーとワインのマリアージュ

バインミー

ベトナムのローカルフード、バインミーは、フランスパンにお肉等のメイン具材と、酢の効いたなますや野菜を挟んだサンドイッチ。もともとフランス領だったことから、フランス料理が根付いていて、ベトナムでは今でも美味しいフランスパンが作られているそうです。野菜がたっぷり取れて、ヘルシーなバインミーは、日本でも専門店ができる等、人気上昇中です。

バインミーはワインとの相性抜群

様々な文化が入り混じるベトナム料理はワインとも相性抜群です。バインミーも、甘酢やニョクマム、ハーブやスパイス等、ワインに合う要素を沢山持っています。人気のバインミーメニューをワインに合わせてみましょう。

豚肉のバインミーとワインのマリアージュ

豚肉のバインミー(バインミーティット)はハムや豚肉等のメイン具材に、なますや野菜が入った、日本でもおなじみのバインミーです。
リースリングやピノグリ等の少し厚みのある白ワインが合います。ニョクマムの強い旨みにも負けず、なますの甘酢に同調するほのかな甘みと綺麗な酸もあります。
また、本場ではレバーパテやチリソース等が加わるものも多くあります。それぞれの旨味が複雑に絡み合い、さらに豊かな味わいになるので、軽め~中程度の赤ワインも合うでしょう。複雑な旨みを赤ワインが受け止めてくれるイメージです。

ドイツ

フランケンのオーガニックワイン

LW リースリング 白

多彩なフルーツ香と、爽やかなハーブ香が心地よく、清涼感を楽しめます。口に含むとフレッシュな味わいの中にもリースリングの洗練された酸味が柔らかく広がる果実味を支え引き締めてくれます。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、アルザスの高貴品種ピノグリ100%の辛口白ワイン。ほのかな甘みとまろやかさで、幅広い料理とペアリングできます。

フランス

ロワールのオーガニックワイン

フリポンヌ 赤

保存料(SO2)無添加のロワールの赤ワイン。軽やかで心地よく飲めるオーガニックワインです。

目玉焼きのバインミーとワインのマリアージュ

目玉焼きのバインミー(バインミーオプラ)はメイン具材の目玉焼きとなますのハーモニーが、現地でもとても人気のメニューです。ワインは、卵のマイルドさに合わせて、スパークリングワインや優しい白ワインはいかがでしょう。ワイン片手にオープンテラスでのランチにぴったりですね。

スペイン

バレンシアのスパークリングワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

シャグリュ 白

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

サバのバインミーとワインのマリアージュ

サバのバインミー (バインミーカーホプ)のメイン具材は、サバやイワシのトマト煮で、現地では缶詰を使うことが多いそう。その絶妙な美味しさは、日本の専門店でも大人気。合わせるワインは辛口ロゼはいかがでしょう。白の爽快さと赤のコクを持ち合わせるロゼが、トマトや甘酢、爽やかな辛味等の要素にぴったりマッチします。

フランス

南西のオーガニックワイン

ガスコーニュ ロゼ ピノノワール

ピノノワールらしい骨格と奥深い風味がしっかりと感じられ、スクリューキャップなので手軽に抜栓できる、コストパフォーマンス抜群のワインです。

いかがでしたか。パンに挟むだけのシンプルな料理ですが、様々な要素が絡み合って、ワインとの相性も抜群です。ぜひ色々なバインミーで試してください。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. お好み焼きとワインのマリアージュ

  2. グラタンとワインのマリアージュ

  3. リゾット

    リゾットとワインのマリアージュ

  4. グジェールとワインのマリアージュ

  5. アヒージョとワインのマリアージュ

  6. フグ鍋

    ふぐ鍋(てっちり)とワインのマリアージュ