マグロのタルタルとワインのマリアージュ

タルタルとは

タルタルとはひき肉を生で食べる料理です。起源は古く、ヨーロッパまで侵攻したモンゴル遊牧民タタール族が馬肉を細かく切り、生のまま玉ねぎや胡椒で毒消しして食べていたものがロシアに伝わり、19世紀にヨーロッパへ広まりました。フランス料理ではタルタルステーキ(Steak tartare)として、牛や馬の生ひき肉に味付けして生の卵黄を載せて供されます。

フランス人は魚を加熱せずに食べる習慣がなかったのですが、1980年代に日本料理がフランス料理に取り入れられ、鮨や刺身などが紹介され、1990年代に「マグロのたたき」が伝わり、馴染みのあるタルタルステーキのバリエーションという発想でマグロのタルタル(Tartare de thon)となりました。当初の味付けはしょうゆとワサビでしたが、フランス料理の前菜として進化しバルサミコ酢など様々な調味がなされるようになりました。

本家の日本に戻って来たマグロのタルタルには決まったレシピはありませんが、包丁で細かく叩いてミンチにしたマグロや、冷凍で売られている「マグロのたたき」や「ネギトロ」に、細かく刻んだ玉ねぎやアボカド等の相性のいい食材を加え、オリーブオイルと柑橘果汁、塩と胡椒で和えるのが一般的です。彩りも綺麗で、前菜としてもぴったり。バケットにのせても美味しくいただけます。

マグロのタルタルとワインの基本ペアリング

マグロのタルタルはフランス料理の前菜として発展したこともあり、調味の工夫次第でスパークリングワイン、白ワイン、ロゼワイン、軽やかな赤ワインまで幅広いワインとペアリングできます。ただ前菜なので重いワインには向きません。

白ワインとマグロのタルタルのマリアージュ

旨味のあるお料理なので、レモンやライムをきゅっと絞るように、酸味のある白ワインがよく合います。「マグロとアボカドのタルタル」ならば、よりコクがあるので、厚みのある白ワインもぴったりです。調味料としてマスタードを加えるのもおすすめですが、ワサビを使えばソーヴィニオンブランのような香り高い白ワインも合うでしょう。さらにキュウリやオリーブ等を加えれば、よりソーヴィニオンブランと相性アップ!

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ ブレンド 白

骨格のあるシャルドネをベースにルーサンヌをブレンドして、フルーティーで飲みやすく仕上げた、心地よい飲み口が魅力の白ワインです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ アリゴテ 白

ミネラル感を伴ったすっきりとした酸味が特徴で、その酸味を支えるように果実味が続く。余韻にまで酸味が後をひく爽やかな仕上がり。必ずや和食を引き立てて美味しくしてくれる1本です。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

透明感のある淡い黄色。蜂蜜、パイナップルの香りに控えめなハーブ香のアクセント。熟した果実の味わいを心地よい酸味が支える辛口。しっかりとした構造を持ち、ボリュームのある余韻を実感できる1本。

スパークリングワインとマグロのタルタルのマリアージュ

マグロのタルタルはオードブルから前菜までに使える料理ですから、もちろんスパークリングワインもおすすめです。魚介・油・酸味の組合せでねっとり感があるので、刻みタマネギやスパイスで工夫するとシャンパーニュのようにコクのあるワインとのペアリングも可能です。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

クレマン ダルザス 発泡

創業1620年の名家メイエー家が造る、シャンパン製法の辛口スパークリングワイン。爽やかさとふくよかさが秀逸、乾杯から前菜、軽めのメインまで楽しめます。

フランス

シャンパーニュのオーガニックワイン

シャンパーニュ ブラン ド ブラン 発泡

ドンペリニヨンの修道院を臨む一等地の畑のぶどうを使用。ここぞという年のシャルドネだけを使い、エレガントに仕上げたオーガニックシャンパーニュです。

赤ワインとマグロのタルタルのマリアージュ

マグロは赤ワインの果実味とマッチします。調味料に醤油やバルサミコを足したり、胡椒やケッパーを利かせれば、より赤ワインとの相性がアップします。タンニンが強いものより優しい味わいの赤ワインのほうが魚介との相性はいいでしょう。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ 赤 – ドメーヌ シャペル 赤

赤い果実香に薔薇、シナモン、少し土も感じる美しい香り。フレッシュな酸味を支える果実味も滑らかで上品。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 赤

白ワインが主のコニャック地方で造られる赤ワイン。酸があり軽やかで口当たりも良いので鮪トロの刺身など和食にも合うオーガニックワインです。

ロゼワインとマグロのタルタルのマリアージュ

白と赤のいいところどりのロゼワインもおすすめ。白では物足りない、前菜なので赤はちょっと、といった場合にぴったり。スパイシーに仕上げればさらに相性アップ!

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

コート ド プロヴァンス ロゼ

南仏サントヴィクトワール山麓のロゼワイン。セザンヌの色彩が似合う、きれいなオーガニックワインです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

いかがでしたか。和えるだけのお料理ですが、付け合わせや盛り方を工夫すれば、豪華な一品にもなります。セルクル型を使えば、盛り付けも簡単ですよ。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報