小籠包とワインのマリアージュ

小籠包とは点心の一種で、豚の挽肉を小麦粉の皮で包み、セイロで蒸した料理。
日本でも専門店に行列ができるほどの人気で、餃子や焼売と同じように家庭でも手作りされています。
レンゲの上で皮を破り、具と共に溢れ出すスープをすすりながら、酢醤油と針ショウガといただくスタイルは小籠包ならではの楽しみです。

もちろんワインとの相性も抜群。中華料理にワインを合わせるのはハードルが高いイメージもありますが、中華特有の香りや調味料の特徴をいかせばベストマリアージュになります。

スパークリングワイン

最初のおすすめはスパークリングワイン
キンキンの泡がアツアツの肉汁に合うだけでなく、泡の清涼感が酢醤油や針ショウガとも同調してくれます。

ロゼワイン

次のおすすめはロゼワイン
ロゼワインは白と赤の要素を併せ持つので、小麦粉から来る皮の優しい風味にも、コクのある肉汁の強さにも、ぴったり合ってくれます。

白ワイン

最後のおすすめは白ワイン
小籠包の美味しさはやはり肉の旨みたっぷりの肉汁。そこに感じる優しい甘味やコクに寄り添ってくれる白ワインがベストマリアージュします。リースリングシュナンブランゲヴェツルトラミネールはいかがでしょうか。いずれも酸味とほのかな甘みを持っていますが、シュナンブランはリースリングより華やか、ゲヴェルツトラミネールはシュナンブランより香りが強いという特徴があります。

手作り小籠包とワインのマリアージュ、ぜひご自宅で色々と試してみてください。

小籠包に合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン