エビチリとワインのマリアージュ

エビチリ

エビチリと乾焼蝦仁

プリっとした食感がたまらないエビチリ。漢字で書くと「乾焼蝦仁」、中国揚子江流域が本場で、上流域の四川料理から下流域の上海料理まで豆板醤を主体とした激辛の味付けですが、日本ではトマトケチャップを使用し辛味を弱めて、甘辛い中華料理のご馳走として人気の一品になりました。

中華料理のコースは、フランス料理とは違い、大皿でたくさんの皿数が出ます。そのため白ワインに始まり赤ワインに繋ぐというフレンチの基本は当てはまりません。そこで1本のワインで済ませる場合は、赤白両方の要素を持つロゼワインを合わせることが無難ですが、大人数で食卓を囲む場合はロゼワインだけでなく、赤ワインや白ワインを卓上に並べて、料理に合ったワインとのペアリングを楽しむのがおすすめです。

エビチリの基本マリアージュはロゼワイン

豆板醤もトマトケチャップもアミノ酸が強く、濃い味が付きます。特に辛味を弱めた日本のエビチリは甘酢っぱさやオイリーさ等、ワインに合う要素が多いので、幅広くワインを楽しめます。ただ、エビチリのような唐辛子の辛味をまとったお料理には、特に辛口のロゼワインがきれいにペアリングできます。また香味野菜の旨みも強く、これもロゼワインと合う要素です。

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏の定番ロゼワイン。プロヴァンスの海辺のテラス席が似合うフレッシュな辛口のオーガニックワインです。

フランス

プロヴァンスのオーガニックワイン

コート ド プロヴァンス ロゼ

南仏サントヴィクトワール山麓のロゼワイン。セザンヌの色彩が似合う、きれいなオーガニックワインです。

白ワインとエビチリのマリアージュ

エビのミネラルや甘辛ソースの甘さに合わせて、白ワインも合います。エビにしっかり旨みがあるので、ある程度重みのある白ワインがいいでしょう。ロワールのシュナンブランやアルザスのゲヴェルツトラミネールは、どちらも程よい酸味とミネラルだけでなく、果実味から来る優しい甘味もあり、エビチリにぴったりペアリングできます。

フランス

ロワールのオーガニックワイン

アンジュー 白

蜂蜜レモンのような甘酸っぱさが印象的なロワールの辛口白ワイン。きりっとした酸味と果実味のある味わいは魚介類などにぴったりのオーガニックワインです。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ゲヴェルツトラミネール 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種ゲヴェルツトラミネール100%の辛口白ワイン。薔薇やライチなどの華やかな香りが魅力的。

赤ワインとエビチリのマリアージュ

エビチリのソースは主張が強いので赤ワインも合います。タンニンが果実味に溶け込み、ほのかに甘味も感じるような赤ワインはいかがでしょう。ただ室温だと赤ワインが勝ってしまうので、氷ではなく水だけを入れたワインクーラーで少し冷やすのがおすすめです。

スペイン

カタルーニャのオーガニックワイン

ペネデス 赤

ドライフルーツを思わせる、凝縮感のある果実香と大変に複雑な香り。非常に凝縮した果実味としっかりした酸味と強いミネラル感。後味に残る渋みも豊富で、飲み応え十分な味わい深い赤ワイン。

スパークリングワインとエビチリのマリアージュ

スパークリングワインは、スパイシーなお料理に合うのはもちろん、中華特有の油分や濃い味付けをシュワシュワの泡がすっきりとさせてくれます。ロゼスパークリングや赤の微発泡なら、少し強さがあるので、より中華料理に合うでしょう。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

クレマン ダルザス ロゼ 発泡

創業1620年で、1960年代からビオディナミ農法のメイエー家がピノノワール100%で造った、華やかで美しいオーガニックのスパークリングワイン。

いかがでしたか。ワインと合う接点が多い中華料理。エビチリもポイントを押さえれば、泡、白、ロゼ、赤どのタイプにも合わせられますね! 中華料理とのマリアージュを色々試して、新たな美味しさを楽しみましょう。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報