エビチリとワインのマリアージュ

プリっとした食感がたまらないエビチリ。本場の四川では辛味が効いていますが、日本では程よい甘辛ソースが家庭でも作りやすく、人気のメニューです。

中華料理や甘辛ソースというと、ワインを合わせるのは難しいイメージがありますが、ベストマリアージュを知れば料理の美味しさは格段にアップします。

最初のおすすめは、料理の色にもぴったりなロゼワイン
白と赤の両方の要素を持つロゼワインは、中華特有の食材の香りや甘辛ソースのスパイシーさと同調し、料理の味を引き上げてくれます。色の淡いものより、少し色の濃いロゼワインのほうが強さがあるので、料理の複雑さとより合うでしょう。

次におすすめするのは、エビのミネラルや甘辛ソースの甘さに寄り添ってくれる、ほんのり甘味のある白ワイン。
ロワールのシュナンブランアルザスのゲヴェルツトラミネールはいかがでしょうか。どちらも酸味とミネラルもある辛口ですが、果実味から来る優しい甘味がぴったりです。

最後におすすめするのはスパークリングワイン
スパイシーなお料理に合うのはもちろん、中華特有の油分や濃い味付けをシュワシュワの泡がすっきりとさせてくれます。ロゼスパークリングや赤の微発泡なら、少し強さがあるので、より中華料理には合うと思います。

いかがでしたか。ポイントを押さえれば、泡、白、ロゼ、赤どのタイプにも合わせられますね! 中華料理とのマリアージュを色々試して、新たな美味しさを楽しみましょう。

エビチリに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン