魚介のカルパッチョとワインのマリアージュ

カルパッチョ

生で肉を食べるカルパッチョ。イタリア料理で生の牛ヒレ肉の薄切りにオリーブオイルや薄く削ったチーズ等をかけたものですが、フランス料理には牛ヒレ肉の代わりに魚介を使ったカルパッチョもあります。
1980年代に多くのフレンチシェフが日本にやって来て、日本料理に感銘を受けて生まれたのが「ヌーヴェル・キュイジーヌ」というブーム。和食を代表する刺身をどうやってフランス料理に持ち込むかという命題を解決したのが魚介のカルパッチョです。醤油を使うと刺身になってしまうため、オリーブオイルやレモン、バルサミコ酢などに置き換えたもの。味付けがオードブルに寄ったので、ワインにはより広く合わせやすくなっています。

カルパッチョのマリアージュの基本

魚介カルパッチョは白ワインとペアリングさせるのが基本です。オリーブオイル、レモン、塩、コショウの基本ソースはもちろん、色々なアレンジレシピにワインを合わせてみましょう。また魚の種類を選べば軽めの赤ワインもマリアージュできます。

白身魚のカルパッチョと柑橘系白ワインのマリアージュ

淡泊でクセのない白身魚のカルパッチョには、素材本来の美味しさを味わえる基本のソースが合います。そして合わせるワインは、レモンをきゅっと絞るような感覚で、柑橘系の白ワインがぴったりです。ディル、フェンネル、ルッコラ、シソ等の香りの高いハーブを加えた場合は、ハービシャスな白ワインもぴったりです。 鯛、ヒラメ、スズキ等の白身魚のほか、サーモンもおすすめです。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 白

エッジのきいた酸味が、魚介類の臭みをすっきりと断ち切ってくれる辛口の白ワイン。お刺身や生牡蠣に合わせたいオーガニックワインです。

フランス

ボルドーのオーガニックワイン

ボルドー(アントル ドゥー メール) 白 – シャトー デ セニャール ド ポミエ

酸のキレとミネラルがしっかりした繊細な辛口白ワイン。洋食はもちろん、和食との相性も抜群で、食中酒としてとても優秀なワインです。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

ソーヴィニヨンブランらしいトロピカルフルーツやハーブを感じる香りと、ほどよいボリューム感が楽しめる辛口のオーガニックワインです。

炙り魚のカルパッチョと樽熟白ワインのマリアージュ

ホタテや鯛等の魚介を少し炙ると甘味や旨味が増します。また基本のソースに薄く削ったチーズを加えると、さらに凝縮した旨みになり、生臭さも気にならないので、合わせるワインの幅が広がります。香ばしさや旨味が増したカルパッチョには、少しのコクやほのかに樽の風味がある白ワインはいかがでしょうか。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ アリゴテ 白

シャルドネと較べても遜色がないアリゴテ。酸味もありながらまろやかで果実味があり、ブルゴーニュ好きな方におすすめです。

マグロのカルパッチョと赤ワインのマリアージュ

赤身魚代表、マグロのカルパッチョには、少し工夫したソースが合います。基本のソースに加えて、アンチョビ、黒オリーブ、ケッパー等を刻んだもの、さらにお醤油やバルサミコを足すのも合うでしょう。合わせるワインは軽めで繊細な赤ワイン、ピノノワールはいかがでしょうか。赤系果実の風味が赤身魚とよく合い、ワインの持つフレッシュで綺麗な酸とカルパッチョの酸味が同調し、至福のマリアージュです。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ 赤

95%以上がフランス国内で消費され、日本では入手困難なペルチエ家のワイン。凝縮感のあるフランボワーズや薔薇の香りが美しく、クラス以上の上質さを感じるブルゴーニュのオーガニックワインです。

いかがでしたか。どんな魚介にどんなソースとどんなワインが合うか、そんなカルパッチョの醍醐味を存分に楽しみましょう。



誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら




こちらもいかがですか?

  1. 焼きそば

    焼きそばとワインのマリアージュ

  2. パスタ(トマト系)とワインのマリアージュ

  3. すき焼きとワインのマリアージュ

  4. バンバンジー(棒棒鶏)とワインのマリアージュ

  5. グラタンとワインのマリアージュ

  6. アサリのワイン蒸し

    アサリの白ワイン蒸しとワインのマリアージュ