焼餃子とワインのマリアージュ

餃子は、元々は中国から伝わった料理で、水餃子、蒸餃子、焼餃子等があります。焼餃子は海外の中華レストランでは「北京風餃子」と書かれていることがありますが、内陸で万里の長城にも近い北京地方の料理なのです。日中戦争時に満州で多くの軍人が焼き餃子を食べたことから、日本中で普及しました。その後、日本人の舌に合わせて独自に進化し、家庭でも外食でも愛されています。

そんな日本風焼餃子は日々進化していて、新しいスタイルの餃子専門店や餃子バーが登場して大人気、いまや多くの人がクラフトビールやワインと楽しんでいます。

ビールと焼餃子のマリアージュ

餃子と言えば、キンキンに冷えたビール!という方も多いと思いますが、オーガニッククラフトビールを試してみてはいかがでしょうか。原料の麦芽にこだわり、シャンパンのように瓶内二次発酵で泡を作り、無濾過瓶詰め。大手メーカーの工場製ビールとは全くの別物です。冷やしすぎないほうが、マリアージュの醍醐味をより楽しめます。
一般的な餃子にはさわやかなタイプのブロンドビール、しっかりした味付けや変わり種餃子にはアンバービールがおすすめです。

フランス

アルザスのオーガニッククラフトビール

ブレッシング ブロンドビール 330ml 

フランス アルザス地方のブレッシング家が造る日本初上陸のオーガニッククラフトビール!味わいはとてもバランスが良く、樹脂のような香りと穏やかな苦みがあり、オイリーな感じも魅力。

フランス

アルザスのオーガニッククラフトビール

ブレッシング アンバービール 330ml 

フランス アルザス地方のブレッシング家が造る日本初上陸のオーガニッククラフトビール!味わいは濃厚で生き生きとして丸みがあり、カラメリゼしたフルーツの繊細な味わいが印象的。

スパークリングワインと焼餃子のマリアージュ

ビールと合わせることが多かった方には、スパークリングワインが違和感なく合います。油っぽさや濃い味付けをシュワシュワの泡がすっきりさせてくれるだけでなく、綺麗な果実味が餃子のパンチのある美味しさを引き立ててくれます。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

ロゼワインと焼餃子のマリアージュ

白と赤の両方の要素を持つロゼワインは、焼き目のカリっとした風味、ニンニクやニラなどの香味野菜の特徴、ジューシーな肉汁等々、焼餃子の美味しさの各要素に同調し、それを引き上げてくれるので、ベストマリアージュと言えるでしょう! 餃子には、色の淡いものより、少し色の濃いロゼワインのほうが強さがあるので、おすすめです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

白ワインと焼餃子のマリアージュ

ニラやニンニク等は控え目にして、白菜やキャベツ等の野菜を多めにすると、幅広く白ワインに合います。お醤油をつけず、そのまま食べるのもおすすめです。野菜の旨みに寄り添い、肉の美味しさを引き立ててくれる、優しい果実味の白ワインはいかがでしょうか。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ ブレンド 白

骨格のあるシャルドネをベースにルーサンヌをブレンドして、フルーティーで飲みやすく仕上げた、心地よい飲み口が魅力の白ワインです。

赤ワインと焼餃子のマリアージュ

赤ワインの場合は、黒酢を効かせたり、粗挽き胡椒をかけたり、パンチのある焼き餃子には見事にマッチします。軽すぎず重すぎない、スパイシーな赤ワインはいかがでしょうか。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

オックシラー 赤

南仏ラングドックのシラー100%のオーガニックワイン。シラーらしいスパイシーな風味がありつつも、バランスがよくグラスが進む1本です。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト 赤

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

今回はスタンダードな焼餃子とのマリアージュを紹介しましたが、ワイン用にアレンジすればもっと色々なマリアージュが楽しめます。ぜひ試してみてください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報