とんかつとワインのマリアージュ

豚肉に小麦粉、卵、パン粉の衣をつけて油で揚げるお料理、とんかつ。同様の料理はイタリア料理のコトレッタ、フランス料理のコートレット、イギリス料理のカットレット、ドイツ料理のシュニッチェルなどがありますが、とんかつは明治以降に日本人の好みに合わせて独自に進化した洋食の一つです。サクサクの衣とジューシーな肉汁の調和は、豚肉の旨みを最大限に味わえるお料理とも言えるでしょう。

とんかつの基本的ワインペアリング

肉は赤ワインと思いがちですが、白い豚肉は白ワインとペアリングさせるのが基本です。揚げてボリューム感が出たとんかつは、酸味とコクのあるしっかりした白ワインやロゼワインとのマリアージュがおすすめですが、中でもロゼスパークリングワインは脂っこさをすっきりしてくれ、美味しく食べ続けられます。また調味料を塩にするかソースにするかも、ペアリングの際のポイントになります。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

クレマン ダルザス ロゼ 発泡

創業1620年で、1960年代からビオディナミ農法のメイエー家がピノノワール100%で造った、華やかで美しいオーガニックのスパークリングワイン。

とんかつの調味料別おすすめマリアージュ

塩×とんかつとワインのマリアージュ

揚げたてのサクサク感を損なわず、豚肉の旨みをシンプルに味わうなら「塩」。レモンをかけるように柑橘系の白ワインが合いますが、とんかつはボリュームのある味わいなので、程よくボディのあるものがおすすめです。また、樽の香りも衣の香ばしさに合うので、程よく酸味があり、樽も効いてるシャルドネはベストマリアージュです!

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

甘いソース×とんかつとワインのマリアージュ

とんかつと言えば甘くてドロッとしたとんかつソースという方が多いでしょう。とんかつソースのまったり感には、コクがありながら酸が強い白ワインのリースリングがおすすめです。またソースの原料には果物やスパイスが沢山使われているので、酸の強めの赤ワインも美味しくペアリングできます。ソースの酸味に同調するだけでなく、お肉の脂を程よく流してくれます。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザスリースリング 白

創業1620年の名家メイエー家が造る、高貴品種リースリング100%の辛口白ワイン。特徴的な際立つミネラル感と酸味のバランスが秀逸です。。

フランス

コニャックのオーガニックワイン

シャランテ 赤

白ワインが主のコニャック地方で造られる赤ワイン。酸があり軽やかで口当たりも良いので鮪トロの刺身など和食にも合うオーガニックワインです。

ウスターソース×とんかつとワインのマリアージュ

とんかつもウスターソースをかけると、より大人っぽく変身します。ウスターソースのシャープさで油脂感が抑えられているので、より果実味の強いコクのある白ワインがおすすめです。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ 白

グレープフルーツや桃、パイナップルなど様々な果実の香りに微かなトーストのニュアンス。まろやかな果実味と酸味のバランスが大変良く、長い余韻にはほんのり塩味を思わせるミネラル。ボリュームのある白。

いかがでしたか。ワインと合わせるなら、まずは塩から始めて、後半をソースでいただけば、いろいろなワインを合わせられて、マリアージュの楽しさが倍増します。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報