すき焼きとワインのマリアージュ

牛肉や野菜を醤油、砂糖、日本酒等で作る割り下で煮込んだお鍋料理、すき焼き。
関東では割り下と具材を煮立てた中にお肉を入れますが、関西ではまず牛脂で肉を焼き、そこに砂糖と醤油を加えて特有の濃い香りが生まれたところに酒や水を加えて割り下を作り、野菜や追加の肉を煮るので、「鍋」ではなくて「焼き」の文字が使われています。

実はこの濃い香りは「メイラード反応香」、アミノ酸(牛肉と醤油)と糖を加熱したことで化学反応を起こして生まれるフレーバーで、肉をローストした時と同じ香りなので、赤ワインが飲みたくなります。
市販の「割り下」の多くにはこの香り成分が加えられているので、関西風に作らなくても赤ワインと合います。

すき焼きと赤ワインのマリアージュ

すき焼きとは相性のいい赤ワインもタイプによって少し合わせ方が変わってきます。

カベルネソーヴィニョン

赤ワインの代名詞カベルネソーヴィニョンは重口で渋味が強いのが特徴。赤身肉の関西風すき焼きにはよく合います。

ピノノワール

軽やかな口当たりのピノノワールは、霜降り肉のすき焼きによく合います。
また熟成したピノノワールには醤油や出汁のような風味があり、すき焼きの割り下とも馴染みます。

シラー

シラーはしっかりした果実味の中にスパイシーさを持っていて、どちらかというと関西風すき焼きで、赤身肉の旨味と割り下の甘辛さにぴったり同調します。

地中海の果実味あふれる赤ワイン

太陽いっぱいのイタリア、スペインの赤ワインは糖分とアルコール分が高くフルーティーさが特徴。そのほのかな甘みがすき焼きの甘味にぴったり。もちろん甘さだけではなく、程よく酸のあるもののほうが、お肉の脂に溶け込んでマッチします。

マヴィスタッフのおすすめはこれ。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ボルドーのオーガニックワイン

シャトー プショー ラルケ 赤

これぞ王道ボルドーワイン
受賞したメダルは数知れず。
そのまったりとした重厚感には、誰もが酔ってしまう、ここぞという時のキラーワイン!

スタッフおすすめ
赤ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ピノノワール

淡く、可愛らしい色から想像するように非常に繊細で可憐なワイン。ブルゴーニュのピノノワールとは全くタイプが違い、程よい酸味と優しいタンニンが心地の良い、丁寧に造られたということが伝わってくる赤ワイン。

スタッフおすすめ
赤ワイン

カタルーニャのオーガニックワイン

ペネデス赤

ドライフルーツを思わせる、凝縮感のある果実香と大変に複雑な香り。非常に凝縮した果実味としっかりした酸味と強いミネラル感。後味に残る渋みも豊富で、飲み応え十分な味わい深い赤ワイン。

スタッフおすすめ
赤ワイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ 赤

輝きのある濃いルビー色。
赤や黒のベリー系果実やイチジクの凝縮した果実香にラベンダーやミネラルも混ざる複雑な香り。
味わいにも豊かな果実味と樽から来るヴァニラ、さらにミネラル感。余韻には柔らかな渋味。

赤ワインのマリアージュを堪能したら、他のタイプのワインにも合わせてみましょう!

すき焼きとスパークリングワインのマリアージュ

お客様を迎えてすき焼き鍋を囲むことも多いと思います。そんな時はスパークリングワインで飲み始めてみませんか?
ただ、軽い飲み口では少々物足りないので、コクのあるシャンパーニュがおすすめ。美味しさを高めてくれながら、後味はさっぱり、1本で済ませるなら少々重口のシャンパーニュロゼ、2本以上飲むならシャンパーニュbrutがおすすめ。赤ワインにもうまく引き継げます。

スタッフおすすめ
スパークリングワイン

シャンパーニュのオーガニックワイン

シャンパーニュ ロゼ Brut3年熟成

心をとろけさせる美しい色、溢れる香り、飲み応えのある確かな骨格。高級感。華やかさの裏には、大切に育てられたワインならではのきれいな構造。「美しい」としか形容できないスパークリングワイン。

すき焼きと白ワインのマリアージュ

霜降り和牛のすき焼きだと白ワインも合います。アルザスのリースリングや、ロワールのシュナンブラン等、ほのかな甘味があり、酸味もあるワインがおすすめです。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスリースリング

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

スタッフおすすめ
白ワイン

ロワールのオーガニックワイン

アンジュ-白

キリッとした酸味が非常に爽やか。ただそれに負けないくらいの強い果実味もしっかりと感じる。清々しい酸味は余韻にまで続き、後味には心地よいミネラル感。まさに蜂蜜レモンのような可憐な甘酸っぱさに心魅かれる白ワイン。

誰でもわかるマリアージュ

マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法

ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、
料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △

詳しくはこちら

キーワード:すき焼き、すきやき、スキヤキ、sukiyaki、牛鍋、ぎゅうなべ