牛しゃぶとワインのマリアージュ

薄く切ったお肉を熱い出汁にさっとくぐらせて、ポン酢醤油や胡麻ダレでいただくお鍋料理、しゃぶしゃぶ。もともとは元帝国時代からの北京の名物料理「涮羊肉」(シュワンヤンロウ)。戦後日本に伝わり、本家は羊肉だが日本では敬遠されて牛肉に代えたのが始まりです。今では牛肉の他、豚肉や鯛等、色々なしゃぶしゃぶがあり、外食でもご家庭でも大人気のメニューです。

牛しゃぶの基本的ワインペアリング

肉料理の中でも、比較的さっぱりといただける牛しゃぶは、柔らかい口当たりの赤ワインか、ロゼワインとマリアージュさせるのが基本です。またあっさりとしたポン酢しょうゆならば重めの白ワインともマリアージュできますので、ワインペアリングの際はゴマダレか、ポン酢しょうゆタレかも考慮しましょう。

ポン酢しょうゆタレとスパークリングのマリアージュ

熱々のお鍋料理と冷えたスパークリングの組合せは鉄板ですが、牛しゃぶにはロゼスパークリングがおすすめ。ポン酢醤油とスパークリングの爽やかさがマッチするだけでなく、少しコクのあるロゼスパークリングなら牛肉の旨味とぴったりですし、ゴマダレの強さにも負けません。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

アルザスのオーガニックワイン

クレマン ダルザス ロゼ

ピノノワールを使い、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で仕上げた「クレマン」です。生産者のメイエーさんはフランスで初めてビオディナミ農法のぶどう栽培を始めたパイオニア。見ているだけで気持ちが華やぐ美しいロゼ色のオーガニックワインです。

ポン酢しょうゆタレとピノノワールのマリアージュ

牛しゃぶとピノノワールは完璧なペアリング。優しくて上品なタンニンが、さっぱりした味わいの牛肉とよく合い、ベストマリアージュです!ポン酢しょうゆタレだけでなくゴマタレとの相性も楽しめます。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ

95%以上がフランス国内で消費され、日本では入手困難なペルチエ家のワイン。凝縮感のあるフランボワーズや薔薇の香りが美しく、クラス以上の上質さを感じるブルゴーニュのオーガニックワインです。

ポン酢しょうゆタレと重めの白ワインのマリアージュ

ポン酢しょうゆタレの牛しゃぶには、ピノノワールも合いますが、樽を使った重めの白ワインもおすすめです。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル)

白桃や熟した洋梨にアカシアやスイカズラなど沢山の花の香りが華やか。さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味をしっかりと支えるように続く繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

胡麻ダレとロゼワインのマリアージュ

胡麻の風味とロゼワインは好相性です。ロゼワインには淡い色のものと濃い色の物がありますが、少し色の濃いロゼワインのほうが、胡麻ダレのふくよかさと牛肉の旨味をしっかり受け止めてくれます。熱々のお鍋にも合いますが、冷しゃぶとの相性も抜群です。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

幅広くマリアージュが楽しめる牛しゃぶ。人数が多い時はポン酢、ゴマダレの両方を用意してワインも2本開けて使い分けると、マリアージュの楽しみも倍増します。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報