天ぷらとワインのマリアージュ

天ぷらとは

繊細な衣に包まれた野菜や魚介の香りや旨みを存分に味わる天ぷら。お寿司と並んで、世界中で楽しまれている日本を代表する和食です。

天ぷらの起源は室町時代末期にポルトガル人がもたらした料理ですが、数百年の間に独自の発展を遂げて和食になりました。また、一口に「天ぷら」と言っても地域によって意味するものが違います。
生粋の江戸っ子にとっては、卵を混ぜた衣を江戸前の魚介に着せて、ごま油を混ぜた濃い天ぷら油でサクッと揚げて、濃い口しょうゆベースの天つゆで食べるイメージです。
京都では、卵を混ぜない衣を野菜に着せて、ごま油を混ぜないあっさりとした天ぷら油で揚げた精進料理のイメージ。味付けは塩を付けるか、鰹節だしと煮切りみりんに淡い薄口しょうゆを垂らした天つゆで食べます。
また、西日本ではさつま揚げやじゃこ天も天ぷらです。

天ぷらのワインペアリングの基本

天ぷらは揚げ物なので、油っこさを洗い流してくれる酸のキレがある白ワインやロゼワイン、スパークリングとペアリングさせるのが基本ですが、関東風は味も濃いので酸のしっかりした赤ワインも合わせられます。

スパークリングワインと天ぷらのマリアージュ

天ぷらの油っこさを炭酸の泡が洗い流してくれるスパークリングワインは鉄板のマリアージュ。シャンパーニュなら、繊細でエレガントな泡が味の邪魔をしないだけでなく、コクが強いので、食材の持つミネラルや旨味を存分に引き立ててくれます。塩にも天つゆにも合わせやすいので、食事を通して合わせられます。

スタッフおすすめ
スパークリングワイン

【シャンパーニュ】のオーガニックワイン

シャンパーニュ(3年熟成)

規定の15ヶ月をはるかに超える3年間以上、最高級のオーク樽で熟成。オーガニック、自家栽培醸造(RM)の家族経営、時間と手間を惜しみなくかける造り

白ワインと天ぷらのマリアージュ

山菜や旬の野菜には、ソーヴィニオンブランがよく合います。ワインのフレッシュな香りと苦味が、食材の美味しさを引き立ててくれます。定番の海老やキス等には、酸味とミネラルのバランスがいいグリューナーフェルトリーナーもおすすめです。衣に合わせて樽香のあるシャルドネも楽しめるでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ピエモンテ】のオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン

透明感のある淡い黄色。蜂蜜、パイナップルの香りに控えめなハーブ香のアクセントも。熟した果実の味わいを心地よい酸味が支える辛口。しっかりとした構造を持ち、ボリュームのある余韻に幸せを実感できる1本。

オーストリア

ニーダーエスタライヒのオーガニックワイン

グリューナー フェルトリーナー ヴァイトガッセ クレムスタール 白

天ぷらや山菜などの和食と好相性!オーガニック先進国オーストリアのすっきり辛口の白ワインです。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル)

白桃や熟した洋梨にアカシアやスイカズラなど沢山の花の香りが華やか。さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味をしっかりと支えるように続く繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

赤ワインと天ぷらのマリアージュ

江戸前の濃い天ぷらの場合、穴子のような複雑な旨味を持つものも、赤ワインに合います。タンニンの強い赤ワインではなく、出汁や醤油の旨みに寄り添う、程よい酸味を持つ優しい赤ワインがおすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

【コニャック】のオーガニックワイン

シャランテ

コニャック地方ではめずらしい赤ワイン。軽やかで口当たりも良いので和食にも合うオーガニックワインです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

サントネー

綺麗な酸味を際立たせるように果実味、その後に渋味が絶妙なバランスで広がる。この上なく繊細な味わい。非常に軽やかで美しいブルゴーニュ

繊細な味わいが魅力の天ぷら。その繊細さに寄り添うワインとのマリアージュは格別なものになると思います。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報