冷奴とワインのマリアージュ

日本人に馴染み深い冷奴。お豆腐料理の中でもっとも手軽な食べ方です。ヘルシーで手頃なだけでなく、お豆の優しい風味や滑らかな食感は、どんな食卓にも馴染み、一年中活躍してくれます。

冷奴とワインの基本ペアリング

お豆料理は世界中にあり、ワインと楽しまれています。冷奴は、ちょっとした工夫でワインのおつまみになるので、ワインとのマリアージュは知っておくととても便利です。

冷奴+お醤油とワインのマリアージュ

冷奴に醤油をかけて、削り節とネギや生姜、みょうが、オクラ等の薬味といただくポピュラーな食べ方でも、ワインが合います。豆腐自体の味を消してしまわないように濃いワインは避けて、淡い色の柑橘系ロゼワインや爽やかなスパークリングワインならきれいなペアリングが楽しめます。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏プロヴァンスで、有史以来一度も農薬をまいたことのない畑で造られたすっきり辛口のロゼワイン。摘みたての苺やハーブの香りが爽やかで、ほんのり感じる甘みといきいきとした酸味のバランスがとれたフレッシュなワインです。ほどよいボリューム感で幅広いお料理に合わせられますが、特に夏野菜のグリルや鶏肉を使ったお料理におすすめです。

スタッフおすすめ
スパークリングワイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

冷奴+オリーブオイルとワインのマリアージュ

冷奴に塩とオリーブオイルをかけて柑橘を絞ったり、黒胡椒を足すと、よりワインペアリングの幅が広がります。お豆腐のクリーミーさが引き立ち、フレッシュなチーズのような味わいになるので、少ししっかりした柑橘系の白ワインとも合わせられます。

スタッフおすすめ
白ワイン

【オーストリア】のオーガニックワイン

シャグリュ

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

冷奴+胡麻ダレとワインのマリアージュ

お豆腐は胡麻との相性がよく、胡麻はワインとの相性も〇。胡麻ダレではなく、多めのすり胡麻にオリーブオイルをかけるだけでも、ワインのおつまみに。すり胡麻で重さが加わり、濃いロゼワインとよく合います。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

冷奴+トッピングとワインのマリアージュ

冷奴に具材をトッピングすれば、食べ応えもある一品に。トマト、バジル、アンチョビ、オリーブ、ツナ、シラス、チーズなど。果実味のあるイタリアン辛口白ワインを合わせてみましょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

マルケのオーガニックワイン

パッセリーナ

まろやかな果実味をしっかりとドライな酸味が支え、飲み応えも十分。お料理に合わせたいほどよいボリュームの白

温奴とワインのマリアージュ

冷奴で紹介した食べ方はどれも温奴にも当てはまります。温奴のほうがよりほっとする味わいなので、合わせるワインは優しい味わいのものが合うでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

オーストリアのオーガニックワイン

グリューナー フェルトリーナー ヴァイトガッセ クレムスタール

天ぷらや山菜などの和食と好相性!オーガニック先進国オーストリアのすっきり辛口の白ワインです。

いかがでしたか。家庭料理とワインのマリアージュ、まだの方はお豆腐から始めてみてはいかがでしょうか。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報