豆腐とワインのマリアージュ

日本人に馴染み深いお豆腐。
ヘルシーで手頃なだけでなく、お豆の優しい風味や滑らかな食感は、どんな食卓にも馴染み、一年中活躍してくれます。
ワインに合わせるイメージはあまりありませんが、お豆料理は世界中にあり、ワインと楽しまれています。
お豆腐は、そのままおつまみにもなるので、ワインとのマリアージュは知っておくととても便利です。

まずは冷奴。
お醤油をかけて、ネギや生姜等の薬味といただくなら、爽やかなスパークリングワインが合います。柑橘を絞ったり、ポン酢を使えば、さらに合うでしょう。

醤油やポン酢の代わりに、塩とオリーブオイルもおすすめです。お豆腐のクリーミーさが引き立ち、フレッシュなチーズのような味わいになるので、軽快な白ワインと相性抜群です。

冷奴に具材をトッピングすれば食べ応えがでます。
トマト、バジル、アンチョビ、ツナ、シラス、明太子、チーズなど、お豆腐は合わせる食材を選びません。食材の旨みが加わるので、ロゼワインもぴったりです。

次に温奴。冷奴で紹介した食べ方はどれも温奴にも当てはまります。温奴のほうがほっとする味わいなので、合わせるワインは、優しい味わいのものが合うでしょう。

最後は昔ながらの温豆腐。ひと手間かけた温豆腐のお鍋は、ゆっくりマリアージュを楽しめます。ネギや白菜等の具材も入れれば、さらに旨みある出汁に。合わせるワインはスパークリング。熱々のお豆腐と冷えたワインの相性がいいだけでなく、出汁や食材の旨味を引き上げてくれるでしょう。

和食とワインのマリアージュ、まだの方は、お豆腐から始めてみてはいかがでしょうか。

豆腐に合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン

ロゼワイン