グラタンとワインのマリアージュ

グラタンとは

手軽に美味しい、とろ~りアツアツのグラタン。グラタンとは元々フランスの調理法で、表面を軽く焦がした料理を指しますが、日本では、鶏肉や魚介をホワイトソースで和えオーブンで焼いた料理として人気のメニュー。

王道のマカロニグラタンは食べ応えもあってメインにもなりますが、具材を工夫して、小さめのココットで作れば、ワインにぴったりのオードブルが手軽に楽しめます。

グラタンの基本ワインペアリング

グラタンはホワイトソースが主体なので白ワインが合いますが、具材を工夫することによって、ワインの幅が広がります。

チキンマカロニグラタンのマリアージュ

もっとも一般的なチキンマカロニグラタンには白ワインが合います。ホワイトソースのクリーミーさや表面のチーズは、爽やかな柑橘系の白ワインよりも、乳酸発酵(※)によるまろやかさや、ほのかに樽香のある、少し厚みのある白ワインがぴったりです。

※乳酸発酵とは、マロラクティック発酵とも呼ばれるもので、ワイン中のリンゴ酸が分解されて乳酸になることで、酸味がまろやかになります。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

魚介のグラタンのマリアージュ

牡蠣やホタテ等の魚介のグラタンには、コクや厚みもありつつ、酸味やミネラル感もある白ワインが合います。また鮭や海老のグラタンなら辛口のロゼワインも〇。ワインと具材の色を合わせるのは、簡単なマリアージュの手法です。

フランス

ボルドーのオーガニックワイン

ボルドー(アントル ドゥー メール) 白 – シャトー デ セニャール ド ポミエ

酸のキレとミネラルがしっかりした繊細な辛口白ワイン。洋食はもちろん、和食との相性も抜群で、食中酒としてとても優秀なワインです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

トマトのグラタンのマリアージュ

赤ワインを合わせたいなら、ホワイトソースにトマトやトマトソースを加えたグラタンにしましょう。トマトベースのグラタンに合う具材はベーコンやナス、ほうれん草や春菊。ワインは、トマトのニュアンスがあるサンジョヴェーゼがおすすめです。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

飲みたいワインに合わせて具材を変えたり、具材に合わせてワインを選んだり、ぜひマリアージュを楽しんでください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報