クリームシチューとワインのマリアージュ

クリームシチューとは

とろーりとした人気の家庭料理クリームシチュー。長時間煮込むビーフシチューよりも格段に速く作れ、鶏肉や鮭などカロリー低めでヘルシーな具材も魅力。「シチュー」と言っても欧米に同じ料理はなく、日本製の洋食のようです。クリームではなく牛乳を使ったホワイトソースが主体なので乳脂肪分が少ないのが特徴です。また家庭で広く作られているので、いろいろアレンジされたバリエーションがあり、自由に楽しめる料理です。

クリームシチューの基本ワインペアリング

クリームシチューは、こってりした牛肉ではなくあっさりとした鶏肉や魚介と牛乳を使うため、シャルドネやピノグリ等の白ワインとのペアリングがおすすめですが、味や具材のアレンジを工夫することで、ガメイやピノノワール等の優しい赤ワインとペアリングさせることも可能です。

定番クリームシチューと白ワインのマリアージュ

鶏肉や野菜のシンプルなクリームシチューにはコクのある白ワインが合います。ホワイトソースのクリーミーさは、爽やかな柑橘系の白ワインよりも、乳酸発酵(※)によるまろやかさや、ほのかに樽香のある、少し厚みのある白ワインがぴったりです。

具材に牡蠣や骨付きチキンを選んだり、ワインやチーズを入れてコクを出したり、少しのハーブで香りづけしたりと、ひと手間かけたワンランク上のホワイトソースに仕上げれば、より繊細で複雑な一クラス上の白ワインともバランスが取れます。

※乳酸発酵とは、マロラクティック発酵とも呼ばれるもので、ワイン中のリンゴ酸が分解されて乳酸になることで、酸味がまろやかになります。

スタッフおすすめ
白ワイン

【オーストリア】のオーガニックワイン

シャグリュ

しっかりとした酸味と果実味のバランスが非常に良い。コストパフォーマンスも抜群で使い勝手が良い、お料理を受け止める懐が深い白

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル)

白桃や熟した洋梨にアカシアやスイカズラなど沢山の花の香りが華やか。さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味をしっかりと支えるように続く繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

トマトクリームシチューと赤ワインのマリアージュ

赤いトマトを加えたクリームシチューは白ワインよりもしなやかな軽めの赤ワインのほうがしっくり受け止めてくれます。赤ワインに合わせる具材は、鶏に加えて舞茸やシメジ等味の濃いきのこをたっぷりと、ほうれん草等を添えるのがおすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ボジョレーのオーガニックワイン

レニエ(クリュ ボジョレー)

ボジョレー北部のレニエ村で、人と馬の力だけで畑を耕し、昔ながらの醸造器具でワインを作るランポンさん。穏やかで実直な性格を反映するような優しい味わいの赤ワインです。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ピノノワール 赤

淡く、可愛らしい色から想像するように非常に繊細で可憐なワイン。ブルゴーニュのピノノワールとは全くタイプが違い、程よい酸味と優しいタンニンが心地の良い、丁寧に造られたということが伝わってくる赤ワイン。

ほかにも、具材を大きめにカットしたり、パイ包みにしたり、ぜひワインに合う大人のクリームシチューを作ってみてください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報