ハンバーグとワインのマリアージュ

ハンバーグとは

ハンバーグは牛ひき肉料理です。太古より切り落としの半端な肉を挽いて使う料理は世界中にあり、ひき肉をぎゅっと握り固めて焼くというのは肉食文化の中では誰もが考えること、大きいものはミートローフ、球形に仕上げればミートボールです。肉に混ぜる具材の工夫も世界各地で行われてきました。

ハンバーグは海外では通じない和製英語です。日本人の好みに合わせて独自に進化した最もポピュラーな洋食で、コスパのいいひき肉が日常のご馳走になり、 口の中に入れた時の食感と溢れ出す肉汁は、肉料理の醍醐味を感じられます。ちなみに英語ではHamberger steak、ドイツ語ではFrikadelle、フランス語ではsteak hachéとなります。とてもポピュラーな料理で、フランスでは消費される牛肉の25%がsteak hachéだそうです。

ハンバーグとワインの基本ペアリング

ソースやアレンジが自由自在なので、ワインとの楽しみ方も色々です。ソースはかけず、そのまま、または塩胡椒で食べる場合は、果実味豊かな中程度の赤ワインが合います。ワインのストレートな果実味が、玉ねぎの甘味やお肉の旨味を引き立ててくれるでしょう。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

カベルネ ソーヴィニヨン 赤

南仏の太陽の下、ぎりぎりまで熟したカベルネソーヴィニヨンを使用。力強さとしなやかさを楽しめる単一品種のオーガニックワインです。

トマトソースのハンバーグとワインのマリアージュ

トマトやケチャップを使ったトマト味のソース。トマトの酸味や甘味がジューシーなハンバーグにぴったりです。ソースをさっとかけるだけなら、酸味のある軽めのワイン、ソースで少し煮込んだ場合は酸味のある中程度のワインが合うでしょう。トマト味にはサンジョヴェーゼがよく合います。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

イタリア

マルケのオーガニックワイン

ポレジオ 赤

柔らかな果実味をエレガントな酸味が支え、飲み応えがありながらもスムーズにグラスが進む綺麗なバランスを持つ1本。

デミグラスソースのハンバーグとワインのマリアージュ

デミグラスソースをかけたハンバーグや煮込みハンバーグには、中重~重めの赤ワインを選びましょう。デミグラスソースは、赤ワインが使われていて、トマトやバター等の複雑な旨みが時間をかけて濃縮されたコク深いソースなので、しっとりとなめらかなワインがぴったりです。スパイスなども入った複雑なソースなら、スパイシーなワインも合うでしょう。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

メディタシオン「瞑想」 赤

地場品種のエジオドーラがどこか懐かしい雰囲気をもたらす赤ワイン。コクがある重口ながら、ゆったりと楽しめるオーガニックワインです。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー 赤

ゴーミヨー誌で「ラングドックルーションの新星」として取り上げられたセブリーヌの作品。力強さとしなやかを合わせもつオーガニックワインワイン。

和風ハンバーグとワインのマリアージュ

醤油やポン酢に大根おろしをかけた和風ハンバーグには、ロゼワインや軽めの赤ワインが合うでしょう。

フランス

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

「ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。抜群のバランスの良さで様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

フランス

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ピノノワール 赤

ピノノワールを使い、繊細で丁寧に仕上げたアルザスの赤ワイン。柔らかな味わいが根菜や和食にぴったりのオーガニックワインです。

いかがでしたか。ソースの違いだけでなく、チーズや目玉焼きを乗せたりして、色々なマリアージュを楽しんでみてください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報