ハンバーグとワインのマリアージュ

ハンバーグといえば、ドイツ発祥の肉料理ですが、 日本人の好みに合わせて独自に進化した最もポピュラーな洋食の王様。 口の中に入れた時の食感と溢れ出す肉汁は、肉料理の醍醐味を感じられます。

ソースやアレンジが多いのも特徴で、ワインとの楽しみ方も広がります。

まずは、シンプルに塩コショウだけで食べる場合は、果実味豊かな中程度の赤ワインが合います。ハンバーグ単体だと、玉ねぎの甘味やお肉の旨味がダイレクトに感じられて、ストレートな果実味がそれを引き立ててくれるでしょう。

次に、トマトやケチャップを使ったトマト味のソース。トマトの酸味や甘味がジューシーなハンバーグにぴったりです。さっとかけるだけなら、酸味のある軽めのワイン、少し煮込んだ場合は酸味のある中程度のワインが合うでしょう。

最後に、ソースの中でじっくり煮込んだ豪華な煮込みハンバーグには、中重の赤ワインを選びましょう。煮込むことでコクがでるので、しっかりめのワインと合います。ワインやスパイスなども入れて複雑で本格的なソースに仕上げたら、ワインも熟成によって複雑な香りや味わいを持ったものが引き立てあうでしょう。

他にもソースの違いだけでなく、チーズや目玉焼きを乗せたりして、色々なマリアージュを楽しんでみてください。

ハンバーグに合うワイン

赤ワイン