タルトフランベとワインのマリアージュ

フランス・アルザス地方の郷土料理、タルトフランベ。長方形の薄いピザ生地にチーズやベーコン、玉ねぎ等をトッピングして焼き上げたお料理です。アルザスでは昔から農家でパンを作る習慣があり、余った生地で窯の温度を確認する為に作られていたのが始まり。今ではパリや東京のビストロでも、ワイン片手に気軽に楽しまれています。

タルトフランベはトマトソースを使わないので、白ワインと相性抜群です。「郷土料理には同郷のワイン」というセオリーどおり、人気のレシピに合わせて、アルザスの白ワインを選んでみましょう。

「トラディショナル」
フランスのフレッシュチーズ、フロマージュブランと、ベーコン、玉ねぎが乗った「トラディショナル」には、リースリングが好相性です。リースリングの酸味がフロマージュブランの優しい酸味と同調するだけでなく、リースリングはコクもあり、ベーコンの旨味や生地の香ばしさにもぴったりです。

「グラティネ」
トラディショナルに使われるチーズはあっさりしたフロマージュブランですが、さらに上からグリュイエール等の溶けるタイプのチーズをかけて焼いた「グラティネ」にはピノグリがおすすめ。料理とワインのコクが同調して引き立てあい、ベストマリアージュです!

「マンステール」
アルザスのチーズ、マンステールを使ったタルトフランベ。アルザスを代表する個性の強いウォッシュチーズなので、ワインも負けないくらいの風味を持つゲヴェルツトラミネールがぴったり。地元でも大人気の組合せです。

他にも、旬の食材やフルーツを使ったもの等も人気で、タルトフランベは薄いので何種類でも食べられます。そんな時は、アルザスのスパークリングワインのクレマンダルザスや、アルザスの主要品種がブレンドされたエデルツヴィッカーもおすすめです! どちらもバランスがいいので、幅広く合わせられます。ぜひお試しください。

タルトフランベに合うワイン

スパークリングワイン

白ワイン