キムチ鍋とワインのマリアージュ

キムチをメインに、お肉、魚介、野菜等を入れ、唐辛子やコチュジャンで味付けをしたキムチ鍋。単にチゲとも言いますが、チゲは小鍋を指すので、正確には小鍋を使ったキムチ鍋がキムチチゲとなります。

キムチは単品でいただくと、辛味や風味のインパクトが強いので、ワインとのマリアージュはハードルが高いのですが、キムチ鍋ならば、程よい辛味と出汁の風味がワインとの相性抜群です。さてどんなワインが合うでしょう。

スパークリングとキムチ鍋

アツアツのお鍋には冷えたスパークリングワインがぴったりな上に、爽やかな泡が辛味を程よく和らげてくれます。

スタッフおすすめ
スパークリングワイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ カヴァ ブリュット 発泡

シチュエーションやお料理を問わずにどんな場面でも楽しめる優等生なカヴァ。爽やかな味わいで体にすっと馴染むようなオーガニックスパークリングワインです。

少し甘味を感じるスパークリングもおすすめで、キムチの甘味を引き出し、美味しさがアップするでしょう。

スタッフおすすめ
白ワイン

ローヌのオーガニックワイン

クレレット ド ディ ビオ シュール(古代製法)

糖分を添加しない古代製法で仕上げたやや甘口のスパークリングワイン。マスカットの華やかな芳香と優しい甘さが体に染み込むようなオーガニックワインです。

ロゼワインや軽口赤ワインとキムチ鍋

キムチ鍋には、程よい酸味と果実味があるロゼワインや軽めの赤ワインがよく合います。ワインの酸味がキムチの酸味と同調し、ワインの果実味がキムチの辛味を包み込み、美味しさを引き上げてくれます。タンニンが強すぎると、発酵特有の香りや辛さが増したように感じられることもあるので、タンニンの強いフルボディではなく、ロゼワインや軽めの赤ワインがぴったりなのです。
また、赤ワインは少し冷やしたほうが辛味を押さえてくれるでしょう。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

プロヴァンスのオーガニックワイン

ヴァール ロゼ

南仏プロヴァンスで、有史以来一度も農薬をまいたことのない畑で造られたすっきり辛口のロゼワイン。摘みたての苺やハーブの香りが爽やかで、ほんのり感じる甘みといきいきとした酸味のバランスがとれたフレッシュなワインです。ほどよいボリューム感で幅広いお料理に合わせられますが、特に夏野菜のグリルや鶏肉を使ったお料理におすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

オーストリアのオーガニックワイン

ツヴァイゲルト

チェリーケーキ、サワーチェリー、ブラックベリーやラズベリーなど、ツヴァイゲルトという品種らしい果実味が特徴の、ジューシーで飲みやすい赤ワインです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ボジョレーのオーガニックワイン

レニエ(クリュ ボジョレー)

ボジョレー北部のレニエ村で、人と馬の力だけで畑を耕し、昔ながらの醸造器具でワインを作るランポンさん。穏やかで実直な性格を反映するような優しい味わいの赤ワインです。

いかがでしたか。豚肉、魚介、きのこ、お豆腐等々、キムチ鍋はどんな具材とも相性がいいので、幅広いマリアージュを楽しんでください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報