ラザニアとワインのマリアージュ

ラザーニャ

幅広い板状のパスタ、ラザニア。何層にも重ねてオーブンで焼き上げたイタリアの郷土料理です。日本にも早い時期に伝わったので、レストランでも家庭でもお馴染みのお料理です。

イタリア料理にはやっぱりワイン。定番のラザニアからアレンジレシピまで、イタリアワイン中心に気軽に合わせてみましょう。

エミリア風ラザニアとワインのマリアージュ

ラザニアの定番と言えば、ミートソース、ホワイトソース、チーズがミルフィーユ状に重なったエミリアロマーニャ州のラザニア。ボロネーゼとも呼ばれる肉感溢れるミートソースや、名産のパルミジャーノレッジャーノは旨味たっぷりで、見た目も味わいもとてもリッチ。そんなエミリア風ラザニアには、果実味のしっかりした中程度の赤ワインが濃厚な旨味のハーモニーをしっかり受け止めてくれるでしょう。また、現地では赤の微発泡との組合せも人気。ラザニアのこってりさを程よくすっきりさせてくれます。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

イタリア

マルケのオーガニックワイン

ポレジオ 赤

柔らかな果実味をエレガントな酸味が支え、飲み応えがありながらもスムーズにグラスが進む綺麗なバランスを持つ1本。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

マンドルロ 赤 微発泡

可愛らしい果実味を包むように広がる優しい泡とのバランスが素晴らしく、軽快で心地良い味わい。 柔らかな渋味とともに、余韻にまですみれの華やかな香りが印象的。

ナポリ風ラザニアとワインのマリアージュ

エミリア風と並んで有名なのがナポリ風。エミリア風との違いは、ホワイトソースは使わず、ソーセージやサラミ、ゆで卵等が加わります。食べ応えはありますが、ホワイトソースがない分、意外とあっさりした美味しさは、温暖ゆえに軽めの食事が好まれるイタリア南部ならではでしょう。そんなナポリ風ラザニアには、軽め~中程度の酸と果実味のバランスのいい赤ワインがぴったりです。ソーセージやサラミのスパイシーさに合わせて、スパイシーなワインもおすすめ。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

ネロ ダヴォラ 赤

ネロ ダヴォラはシチリアを代表するブドウ品種。気品があり、飲みやすく、フルーティーでしっかりとした味わいと酸味があるのが特徴です。

エミリア風もナポリ風も伝統料理ですが、ご家庭で作る場合は、お好みにアレンジするのも醍醐味です。ワインを合わせるコツは、トマト多めで軽めに仕上げたラザニアには、酸のある軽めの赤ワインを、しっかり煮込んだミートソースの濃厚なラザニアには中程度の赤ワインがぴったりです。

白いラザニアとワインのマリアージュ

ミートソースは使わず、たっぷりのホワイトソースだけで仕上げる白いラザニアは、イタリア各地で作られています。鶏肉、きのこ、野菜等の具材と相性抜群で、モッツァレラやリコッタ等のチーズもお好みです。合わせるワインは、ホワイトソースのクリーミーさに合わせて、少しコクのある白ワインがぴったり。ほのかな樽香のある白ワインも、旨みを引き立ててくれるでしょう。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

シャルドネ(樽熟) 白

シャルドネを樽発酵、樽熟成で仕上げた「上質なブルゴーニュ」を彷彿とさせるコストパーフォーマンス抜群のオーガニック白ワインです。

いかがでしたか。ラザニアはパスタと違って作り置きもできるので、ホームパーティにも最適! ベーシックなレシピを覚えたら、ソースも具材も自由にアレンジして、色々なマリアージュを楽しみましょう。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報