ピザ(トマトソース以外)とワインのマリアージュ

ピザ

イタリア・ナポリが発祥と言われるピザ。ピッツァと書くとよりイタリア語に近くなりますが、アメリカに渡って世界中に広がり、日本でもすっかりお馴染みの料理。窯で焼く本格的な味わいはもちろん、市販の生地を使ったり、ご家庭にある材料で思いのままに作れることも魅力です。
ピザと言えばトマトソースがポピュラーですが、トマトソースを使わないメニューも豊富です。

ではトマトソース系以外のピザにはどんなワインが合うでしょう。 (トマトソース系ピザは別記事でご紹介しています。)

ピッツア クワトロ フォルマッジとワインのマリアージュ

トマトソース以外で人気のピザと言えば「ピッツア クワトロ フォルマッジ」。イタリア語で4種類のチーズという意味で、文字通り4種のチーズを贅沢に使った味わい深いピザなので、ボリュームのある白ワイン、中でも樽熟成したものが合います。蜂蜜をトッピングした場合は、同じように蜂蜜のような香りが感じられる樽熟成したワインは好相性です。もっと蜂蜜にフォーカスするなら、甘口白ワインが至福のマリアージュになります。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

スパレット ビアンコ 白

熟した林檎や洋梨のコンポートに花梨、アーモンド、月桂樹やフェンネルシードに、蜂蜜、松脂など、様々な要素が混じり合う複雑な香り。口当たりは力強く、たっぷりとした果実味に豊かなボリューム感。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

シチュア ノビリス 甘口 375ml

年間400本しか造られていない貴重な甘口ワイン。凝縮した果実の甘み。ドライプルーン、くるみ、オレンジピール、ドライアプリコットや蜂蜜、カラメルなどを感じる複雑で芳醇な味わいです。

ピッツア ビスマルクとワインのマリアージュ

とろーり半熟卵が美味しい「ピッツア ビスマルク」。具材は、チーズや生ハム、ベーコンのほか、お好みで野菜がトッピングされています。チーズや加工肉の塩味や旨味がワインによく合いますが、半熟卵の風味が特徴なので、赤ワインは合いづらく、爽やかなスパークリングや白ワインがマッチするでしょう。

イタリア

ヴェネトのオーガニックワイン

スプマンテ ヴェネツィア 発泡

メロンのような果実味が広がり、その後すぐにきめ細かい泡が口中を満たす。ほんのりとした苦味が大変バランスよく後味を引き締める。キリリと冷やして飲みたい、コストパフォーマンスが良い人気の泡。

イタリア

マルケのオーガニックワイン

パッセリーナ 白

まろやかな果実味をしっかりとドライな酸味が支え、飲み応えも十分。お料理に合わせたいほどよいボリュームの白

チチニエッリ(シラスのピッツァ)とワインのマリアージュ

シラスは和食のイメージがありますが、イタリアでもよく使われる食材です。シラスのピッツァはチチニエッリと呼ばれ、トマトソースが使われることもありますが、唐辛子、ニンニク、オリーブオイルだけのシンプルな味付けの人気のナポリピッザ。合わせるのは白ワイン。レモンをきゅっと絞るように、柑橘系のミネラリーな白ワインが、生臭みを消してくれて、美味しくいただけるでしょう。

イタリア

シチリアのオーガニックワイン

インツォリア 白

フレッシュでみずみずしいシチリアの白ワイン。十分な果実味があり、酸味とのバランスが良いので飲み疲れない味わいです。

気軽に楽しめるピッツァ。イタリアワインには手頃な価格帯も多いので、ぜひいろいろなイタリアワインをセレクトしてみてください。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報