古いヴィンテージワインの楽しみ方(1)

カオールの先鋭的なビオディナミの生産者・ゴダンさんが後継者がなくて廃業されました。そこで、最後のストックを分けてもらおうとお願いしたところ、新しいヴィンテージはフランスのお客様が買い占めてしまったということで、最後に残っていたコト-・デュ・ケルシー2005年と、自家用に秘蔵してあったカオール1995年と1996年を少量譲っていただき、あまり大々的にならないように販売しています。
先日、普段からカオールを買われていたお客様が1995年をお求めになられたのですが、味がおかしいと返品されてきました。戻されたワインをテースティングしたところ、抜栓後日にちは経っていても、とても素直に熟成されたワインです。
カオールというと黒ワインの異名もあり、色が濃く味はタンニンがぎっしり詰まった重口ワインの印象があります。カオールを買われるお客様の多くがこの力強さを期待されるようです。しっかりとソースを作った肉料理にはよく合います。
しかし、カオール1995年は20年以上の長期熟成によって、若いカオールの荒々しさをすっかり失い、重口ではなくまろやかな舌触りとなり、色も褐色に変わっていました。
おそらくこのお客様にとっては“求める味の“カオールではなかったのでしょう。

ワインの一生は様々です。
ボジョレーヌーヴォーのように収穫して2か月程で飲まれてしまうものもありますが、普通のワインは翌年か翌々年に飲まれるものが大半ですので、その飲み頃に合わせて味や香りがピークを迎えるように醸造されます。
そして長期熟成型ワインは各収穫年毎に異なるぶどうのポテンシャルに合わせて、何年後にどのレベルまで熟成させるかを考慮して醸造されます。同じ生産者同じ畑でも年によって熟成が辿る途は違います。
そのため生産者が長期熟成ワインを売り出すタイミングも、古い順ではなく仕上がってきた順となり、年度の逆転現象も起きます。

フランスでは一戸建てには必ず大きな地下室があります。僕が住んでいたベルサイユ近郊の家の地下室は約100m2あり、Alfa Romeo3台分の駐車スペース、ボイラー室、洗濯干し場、物置と2千本程収納できるワインセラーに区切られていました。せっせと蔵元に足を運び、フランスを離れる時には、なんとか半分くらいまでワインを貯めていました。パリのアパルトマンでも、共同地下室内にカギのかかる数m2の個人用セラースペースがあり、ワインがぎっしり詰まっています。フランス人(特に男ども)は普段飲むワインの他に、どれだけのワインを所有しているかを競っていると感じ取れます。
当時ディジョンの取引先の社長宅に招かれ、誕生年を聞かれ、「1958年」と答えると、「悪い年だね~」なんて言いながらも地下室におりて、ジュヴェリーシャンベルタンの1958年をぶら下げてきてくれたりしたものです。(ちなみに1959年は素晴らしい当たり年で、彼のセラーにもぎっしり貯めこんでありました。)
古いヴィンテージのワインは、ボトルの中で育ちます。数十年後にどんなワインになっているのかは、開けてみてのお楽しみ、自分の人生を振り返るいい機会かもしれません。

ボルドー有名シャトーのヴィンテージワイン

オーガニックのヴィンテージワイン