オランダ:オーガニックトレードフェア、BioVakの開催

オランダで開催される“BioVak”は、持続的な農業生産と自然と食料をテーマとしたトレードフェア。この年に一度のフェアへの入場者数は、毎年増え続けており、今年もオランダZwolle市のIJsselhallen展示場にて、1月19、20日の2日間開催。
このフェアの重要な取り組みとして、新たな知識の普及とともに、様々な意見交換会や、討論も行う。


BioKennisとは、Wageningen大学 およびLouis Bolk Instituteから招集された研究者たちの集団である。BioKennisと、オーガニックセクターと共同して、オーガニックの生産チェーンに焦点を合わせた調査・研究を行っており、その幅広い知識をオーガニック生産者やビジネスパートナーに提供している。今回の展示会では、新しい、マルチな情報プログラムを提供する。数多くの実践的なワークショップや、活発な討論会、意見交換セッションなどをBioKennisのブース“Organic Knowledge Square“にて執り行う予定だ。4つのテーマの討論会が、「持続可能な土壌管理」、「オーガニック製品のマーケティング」、「動物保護」、「自然の保全」、といったトピックで繰り広げられる。
また、都会での農業、オーガニック酪農やニッチマーケティングなどの様々な課題のワークショップも行われる。
BioKennis のOrganic Knoledge Squareでは、科学が、オーガニック農場で行われる日々の作業に、より身近になるようにと企画されており、映像、パンフレット、本なども置かれている。“スピーカーズコーナー”と呼ばれる3つのスペースでは、多くの科学者によって、ここでの取り組みと、調査結果について簡潔な説明が行われる。
講演やワークショップのほとんどが、このオランダで行われる。
プログラムに関する情報は、こちらhttp://www.biovak.nl/index_uk.html
Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 大久保麻里子さん)

関連記事

ページ上部へ戻る