イタリア:オーガニックの春2011

「Primaverabio 2011(オーガニックの春2011)」はイタリアでオーガニック製品を促進する大きなキャンペーンである。既に10回目を迎え、2011年は4月15日から5月31日までイタリア各地で開催される。運営はイタリア有機農業協会 (AIAB)がLegambienteとその他団体との協力のもと行い、イタリア農林食料省も後援する。


多数のオーガニック農家が市民、消費者、学校等に門戸を開き、高品質なオーガニック食品の生産能力を披露する。ガイドツアーや試食、デモンストレーション、生産や加工に関するワークショップが予定されている。生産者と消費者の出会いの場を促進するため、AIABは18地域にあるオーガニック農家へバス移動を含むツアーの手配をする。詳細についてはこちらに記載されている。
このキャンペーンの目的は、 地元オーガニック製品の消費を推進すること、食品の質や栄養についての情報を発信すること、また参加者に彼らが住む地域の景観と地域社会を結び付けようとするものである。これらの要素は最近再び討議されているCAP(共通農業政策)にとっても重要なものである。つまり、今年度の「オーガニックの春」のテーマはCAPに焦点があてられているのだ。今年度のテーマに沿って、共通農業政策に関する資料が配布される予定だ。
2011年5月3日
参照URL:AIAB

Organic-Market.infoより
(翻訳:ボランティア 越川 加奈子さん)

関連記事

ページ上部へ戻る