アル・ゴア氏、そして環境大臣Jacqueline Cramer出席のもと、オランダAalsmeerにて、Eostaとその他12のオランダの団体が気候協定に署名を行った。この協定は、完全に気候面でニュートラルな経営を達成するものであり、PricewaterhouseCoopers、PGGM, ANWB, Wegenwacht, Triodos Bankなどの大企業を含む、様々な企業団体からも署名を得た。


「本当に長い間、“気候の変化に対してもっと認識をしよう”というアル・ゴア氏の呼びかけに触発され続けていた。」と、Eosta代表Volkert Engelsman氏は言う。FAO(食料農業機関:Food and Agriculture Organization)によると、温室効果ガス排出の約30%は、現代の農業形態に起因している。化学肥料は一番大きな影響を与えている悪因の一つである。オーガニック農業は化学肥料の代わりに、堆肥やそれ以外にも持続可能な形での土壌改良の方法を使用する。結果として、オーガニック農業は、気候問題を阻止し、逆転させるものとして相当な貢献をしている。
今年度の初頭にも、Eostaはこの意思を継続し、Nature& More TÜVが気候ニュートラル(Climate Neutral)認証を行ったさまざまな果物や野菜を、初めてEU市場に導入した。TÜV Nordは、このような排出分析を実行し、排出権を認証する初の認証機関として国際連合から任命されている。
*EOSTA:エコロジーとエコノミーは分断することが不可能という原則に基づき設立された会社で、認証を受けたオーガニック製品の世界市場において、その環境的側面と倫理的側面の価値を広めていくことを目的としている。
参照:http://www.eosta.com
organic-Market.Infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

ページ上部へ戻る