USA:CCOFが大規模な拡張を記録

北米で最も大きく、「歴史的な」認証機関のうちの一つであるCCOFが、先月行った認証プログラムによって同社がオーガニック認証した土地が 200,000ヘクタールを超えるという記録を打ち立てた。この結果は1973年に小さなオーガニック農家の団体として設立したこの組織にとって「画期的な出来事」であった。過去2年間で、CCOFは認証済みのオーガニック農地面積を129%拡大させている。


特に牧草地と農地は、2004年の段階の15,600ヘクタールから2007年には96,800ヘクタールにまで増大した。これはオーガニックミートやオーガニック乳製品の成長を反映している。米(+49%)、ぶどうとワイン(+39%)、小麦とオーツ麦(+52%)には顕著な増加が見られている。
もう一つの面白い事実は、商品の価値を高める為に、製品の加工やパッケージの業務を通じてサプライチェーン業務へビジネスを広げようとしている中小生産者数の増加である。2007年にはCCOFは2,300以上の現場検証を行った。
さらに、この組織は地理的な境界も越えて活動している、CCOFは米国の29に及ぶ州と国外でも5つの国のオーガニック農場の認証を行っている。
参照:www.ccof.org
Organic-Market.infoより
http://www.organic-market.info/

関連記事

ページ上部へ戻る