グラタンドフィノワとワインのマリアージュ

グラタンドフィノワは、ローヌ渓谷からアルプスにまたがる山岳地帯ドフィネ地方の郷土料理で、ニンニクを塗った耐熱皿に薄くスライスしたジャガイモを並べて牛乳と生クリームを流し込み、オーブンで焼いたポテトグラタン。仕上げにチーズを載せて焼溶かすのが決め手。フランスの家庭料理では、よくメインの肉料理の付け合わせに盛られます。

グラタンドフィノワの基本ワインペアリング

グラタンドフィノワはボリュームが結構ある料理なので、日本では肉料理の付け合わせではなく一品料理とされる方が一般的です。そのためワインのマリアージュも肉に合わせる赤ワインだけでなく、ジャガイモとグラタンの乳脂肪に合わせるコクのある白ワインとのペアリングもおすすめです。またアンチョビーやベーコン、ニンジンなどの具材を混ぜ込むことで、更にワインの幅が広がります。

白ワインとグラタンドフィノワのマリアージュ

ソースのクリーミーさや表面のチーズは、乳酸発酵(※)によるまろやかさや、ほのかに樽香のある、シャルドネなどの少し厚みのある白ワインが合います。
ジャガイモをメインに考えると、とてもシンプルな味わいなので、濃縮した果実味の白ワインにも合います。リースリングやピノグリはジャガイモとの相性がぴったりです。

スタッフおすすめ
白ワイン

【ブルゴーニュ】のオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル)

白桃や熟した洋梨にアカシアやスイカズラなど沢山の花の香りが華やか。さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味をしっかりと支えるように続く繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスリースリング

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

※乳酸発酵とは、マロラクティック発酵とも呼ばれるもので、ワイン中のリンゴ酸が分解されて乳酸になることで、酸味がまろやかになります。

赤ワインとグランドフィノワのマリアージュ

またジャガイモのホクホク感には、赤ワインも合います。ベーコンやアンチョビ等を加えて、獣脂も感じられると、より赤ワインがぴったりです。軽すぎず重すぎない、酸味と果実味のバランスのいい中程度のガメイやピノノワールなどの赤ワインがおすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ボジョレーのオーガニックワイン

レニエ(クリュ ボジョレー)

ボジョレー北部のレニエ村で、人と馬の力だけで畑を耕し、昔ながらの醸造器具でワインを作るランポンさん。穏やかで実直な性格を反映するような優しい味わいの赤ワインです。

グラタンドフィノワは、ホワイトソースを作る必要はなく、簡単にコクのあるお料理に仕上がるので、ワインのおつまみや、お料理の付け合わせにもぴったり。具材を工夫して、色々なマリアージュを試してみてください。

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報