カレーとワインのマリアージュ

いまや日本人の国民食とも言える人気のメニュー、カレー。
発祥はもちろんインドです。東インド会社設立でインドとの交流が盛んになったイギリスで、19世紀初頭に数種の香辛料を混ぜ合わせたカレー粉が誕生。その後、小麦粉が加えられたルーが開発され、日本ではとろみのあるカレーがポピュラーになりましたが、現在は本場インドやタイ等、様々なタイプのカレーが楽しまれています。

カレーは、辛さや様々なスパイスの香りを楽しむものなので、繊細なワインを合わせるのは難しそうなイメージがありますが、カレーのタイプによってワインを選べば美味しいマリアージュが成立します。

「キーマカレー」
挽肉を使ったカレー全般を指すので、本来味わいは様々ですが、日本独自に進化したキーマカレーは、スパイスの辛さとじっくり炒めた野菜の甘味の絶妙なバランスが特徴です。その旨みを引き立ててくれるのが、リースリングピノグリ等の辛口白ワイン。ワインの持つ厚みとほのかな甘みがこのカレーにぴったりです。

「タイカレー」
タイカレーとは、タイではゲーンと呼ばれるスープの一種で、スパイスやハーブ等をすり潰したペーストと肉や魚介、野菜等の具材で作られたお料理。グリーンカレー、イエローカレー、レッドーカレー等の種類がありますが、どれもココナッツミルクが入っているので、スパイシーさの中にまろやかな甘みを持っているのが特徴。
その特徴に合うのは、ずばりゲヴェルツトラミネール。ワインの持つ白系スパイスの香りがカレーのスパイシーさに同調し、またライチのようなほのかな甘さがカレーのまろやかな甘みに同調し、ベストマリアージュです。

「インドカレー」
インドカレーと言っても地域によって種類は様々ですが、チキンマサラに代表されるような様々なスパイスを使った複雑で濃厚なスパイシーなカレーには、ふくよかな果実味のある赤ワインがおすすめです。タンニンが強すぎると辛さが際立ってしまうので、ほのかな甘味を感じるような果実味の濃縮感があるワインが刺激を包み込んでくれます。ラムやマトン等のクセのあるお肉の場合は、果実味に加えて、スパイシーさを持つワインも合うでしょう。

「欧風ビーフカレー」
フランスの調理法を取り入れ、日本で開発された、デミグラスソース等を使って煮込んだ欧風ビーフカレー。お肉の奥深い旨味とコクには、やはり赤ワインが相性抜群です。タンニンが強すぎると辛さが際立ってしまうので、酸、果実味、タンニンのバランスがとれた中重の赤ワインがおすすめです。

「和風カレー」
ルーを使って食べやすくまろやかに仕上げた和風カレーにはロゼ軽めの赤はいかがでしょうか。ワインのジューシー感がまろやかな辛さにマッチしてくれます。シーフードカレーならミネラル感のある白ワインもぴったり。白ワインの酸味と果実味が、カレーのスパイシーな要素と溶け合って食事が進むでしょう。

いかがでしたか。カレー人気は高まるばかり、お店やご家庭でも、これまでにない様々なオリジナルカレーが作られています。ワインのタイプも無限大、ぜひ新しいマリアージュを発見してください。

カレーに合うワイン

白ワイン

ロゼワイン

赤ワイン