カレーとワインのマリアージュ

いまや日本人の国民食とも言える人気のカレー

起源はインドですが、19世紀初頭にインドとの交流が盛んになったイギリスで数種の香辛料を混ぜ合わせたカレー粉が誕生。その後、小麦粉が加えられたルーが開発され、日本ではとろみのあるカレーがポピュラーになりました。現在は本場インドやタイ等、様々なタイプのカレーが楽しまれています。

カレーは、辛さや様々なスパイスの香りを楽しむものなので、繊細なワインを合わせるのは難しいイメージがありますが、カレーのタイプによってワインを選べば美味しいマリアージュが成立します。

インドカレーとワインのマリアージュ

インドカレーと言っても地域によって種類は様々ですが、チキンマサラに代表されるような様々なスパイスを使った複雑で濃厚なスパイシーなカレーには、ふくよかな果実味のある赤ワインがおすすめです。タンニンが強すぎると辛さが際立ってしまうので、甘味を感じるくらいに果実味が濃縮された赤ワインが刺激を包み込んでくれます。ラムやマトン等のクセのあるお肉の場合は、果実味に加えて、エキゾチックなスパイシーさを持つワインも合うでしょう。

スタッフおすすめ
赤ワイン

シチリアのオーガニックワイン

ネロ ダヴォラ

ネロ ダヴォラはシチリアを代表するブドウ品種。気品があり、飲みやすく、フルーティーでしっかりとした味わいと酸味があるのが特徴です。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ラングドックのオーガニックワイン

オックシラー

熟した果実味をしっかりと感じ、穏やかな酸味がそれをバランス良く支える。後味にはスパイシーな風味が余韻にまで続くが、飲み口は非常になめらかで、凝縮感、ボリューム、喉越し、共にちょうど良く、驚くほどするすると飲めてしまう心地良い赤。

キーマカレーとワインのマリアージュ

挽肉を使ったカレー全般を指すので、本来味わいは様々ですが、日本独自に進化したキーマカレーは、スパイスの辛さとじっくり炒めた野菜の甘味の絶妙なバランスが特徴です。その美味しさを引き立ててくれるのが、リースリングやピノグリ等の辛口白ワイン。ワインが持つ、程よい酸、しっかりした果実味、ほのかな甘みがキーマカレーの特徴にぴったりです。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスリースリング

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザスピノグリ

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

欧風ビーフカレーとワインのマリアージュ

フランスの調理法を取り入れ、日本で開発された、デミグラスソース等を使って煮込んだ欧風ビーフカレー。お肉の奥深い旨味とコクには、やはり赤ワインが相性抜群です。タンニンが強すぎると辛さが際立ってしまうので、酸、果実味、タンニンのバランスがとれたエレガントな中重の赤ワインがおすすめです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー 赤

ゴー ミヨー」誌で「ラングドック ルーションの新星」として取り上げられた注目の造り手セブリーヌ ブーリエの作品。力強さと女性らしいしなやかを合わせもつ魅力溢れるワイン。

和風カレーとワインのマリアージュ

ルーを使って食べやすくまろやかに仕上げた和風カレーにはロゼや軽めの赤はいかがでしょうか。ワインのジューシー感がまろやかな辛さにマッチしてくれます。シーフードカレーならミネラル感のある白ワインもぴったり。白ワインの酸味と果実味が、カレーのスパイシーな要素と溶け合って食事が進むでしょう。

スタッフおすすめ
ロゼワイン

ルーションのオーガニックワイン

シャトー ド ルー ロゼ

生き生きとした酸味と果実味が広がり、それに伴うミネラル感が印象的。酸味は余韻にまで鮮やかに続き、少しの苦味が後味を優しく引き締める。抜群のバランスの良さでグラスが進む様々なお料理と合わせたいロゼワインです。

スタッフおすすめ
赤ワイン

ヴェネトのオーガニックワイン

レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ

軽やかでバランスの良い飲み口で、後味に残る渋みも柔らかく、気持ちよくグラスが進む1本。日本の食卓にも。

スタッフおすすめ
白ワイン

マルケのオーガニックワイン

パッセリーナ

まろやかな果実味をしっかりとドライな酸味が支え、飲み応えも十分。お料理に合わせたいほどよいボリュームの白

タイカレーとワインのマリアージュ

タイカレーとは、タイではゲーンと呼ばれるスープの一種で、スパイスやハーブ等をすり潰したペーストと肉や魚介、野菜等の具材で作られたお料理。グリーンカレー、イエローカレー、レッドーカレー等の種類がありますが、どれもココナッツミルクが入っているので、スパイシーさの中にまろやかな甘みを持っているのが特徴。
その特徴に合うのは、ずばりゲヴェルツトラミネール。ワインの持つ白系スパイスの香りがカレーのスパイシーさに同調し、またライチのようなほのかな甘さがカレーのまろやかな甘みに同調し、ベストマリアージュです。

スタッフおすすめ
白ワイン

アルザスのオーガニックワイン

アルザス ゲヴェルツトラミネール

創業1620年の名家、1969年にフランスで最初にビオディナミ農法を開始したメイエール家が造るアルザス品種の特徴を生かした、香り高く繊細で気品溢れる白ワイン。各誌の評価も非常に高い。

いかがでしたか。カレー人気は高まるばかりで、お店やご家庭でも、これまでにない様々なオリジナルカレーが作られています。ワインのタイプも無限大ですから、ぜひ新しいマリアージュを発見してください。

関連キーワード:カレー、カレーライス

誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら



イベント情報