バーニャカウダとワインのマリアージュ

ピエモンテの名物料理バーニャカウダ

バーニャカウダとは

ピエモンテの郷土料理、バーニャカウダ。イタリア語で「熱いソース」という意味で、テラコッタ(素焼きの)のポットで作るソースを温めながら、野菜につけていただきます。野菜は、生のものと加熱したものを取り交ぜることが多いでしょう。

基本的なソースは、みじん切りにしたたっぷりのニンニクをオリーブオイルで低温で煮て、最後にアンチョビを加えます。バターや生クリームを贅沢に加えたクリーム仕立てもよく作られます。アルプス山脈とアペニン山脈にはさまれたピエモンテ地方で、身体を温めてくれる冬に欠かせない家庭料理です。

バーニャカウダとワインの基本ペアリング

バーニャカウダに合わせるワインは、野菜の美味しさを引き立て、アンチョビの旨みにも合う白ワインがおすすめですが、ひと工夫することで軽めの赤ワインにも合わせられます。また、バーニャカウダソースは野菜以外に合わせることもあり、ワインの幅も広がります。

白ワインとバーニャカウダのマリアージュ

パプリカやニンジン等の生の野菜や軽く茹でたカリフラワーやブロッコリーには、柑橘系のミネラリーな白ワインがよく合います。特に繊維質の多いセロリやキャベツ等はソースがよくからむことで、香り高いソーヴィニオンブランとぴったりです。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

透明感のある淡い黄色。蜂蜜、パイナップルの香りに控えめなハーブ香のアクセント。熟した果実の味わいを心地よい酸味が支える辛口。しっかりとした構造を持ち、ボリュームのある余韻を実感できる1本。

バターや生クリームを加えたクリーム仕立てのソースならば、コクのある白ワインで、ほのかに木樽風味のあるワインも合うでしょう。根菜類は特に合います。パンにつけていただく場合も、コクのあるワインがおすすめです。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

ピエモンテ ソーヴィニヨン ブラン(樽熟) 白

大変力強く、豊かなアタック。強靭な骨格で、厚み、深みがあり、中でもいつまで続くのかと思わせるこの余韻の長さは特筆もの。上質なナッツの風味が驚くほど長く印象を残す。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

赤ワインとバーニャカウダのマリアージュ

赤ワインを合わせたい場合は具材を工夫しましょう。オーブンでジャガイモや玉ねぎを丸ごと焼いたり、フライパンでキャベツに焼き目をつければ、赤ワインとの相性がアップします。ピエモンテの赤ワインがおすすめですが、重すぎない赤ワインであれば幅広く合うでしょう。バーニャカウダソースはお肉にかけても美味しく、赤ワインが合うでしょう。

イタリア

ピエモンテのオーガニックワイン

バルベーラ ダスティ サンパンセ 赤

若々しさの中にもエレガントさを感じる味わい。渋味はきめ細やかで優しく、余韻にもカシスの果実味が続く。凝縮感がありつつも重過ぎず、バランスの良さでどこまでも心地良くグラスが進んでしまう赤。

イタリア

トスカーナのオーガニックワイン

キャンティ 赤

口当たり穏やかで、可愛らしい果実味に寄り添うように広がる酸味。優しい飲み口が魅力の昔ながらの味わいのキャンティ。

いかがでしたか。ピエモンテでは冬の料理ですが、季節の野菜とあわせて一年中楽しめるお料理です。野菜とワインの手軽で美味しいマリアージュです。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報