麻婆豆腐とワインのマリアージュ

お豆腐と挽肉を唐辛子や山椒、豆板醤等の調味料で炒めた四川料理のひとつ、麻婆豆腐。「マー」と呼ばれる山椒と「ラー」と呼ばれる唐辛子のダブルの辛さが特徴です。日本では1980年代に四川省出身の料理人が、辛さを抑えて作りやすくして紹介したのをきっかけに広まり、現在は外食でもご家庭でも中華料理の定番です。

辛めの中華料理にワインを合わせるのはハードルが高いイメージもありますが、コツを知れば美味しいマリアージュが楽しめます。

スパークリングワイン

まず、辛いお料理にはスパークリングが万能。
ワインの果実味が辛さを包み込み、スパイスの香りを引き立ててくれます。ロゼスパークリング赤の微発泡はタンニンを含んでいるので、おすすめです。少し甘味のあるタイプも、辛さをまろやかにしてくれるでしょう。

ロゼワイン

次に、中華特有のスパイスの香りにはロゼワインが合います。
薄い色よりも濃い色のロゼワインのほうがタンニンが多いので、おすすめです。また、酸化防止剤を最低限に抑えた、よりナチュラルなつくりのワインの中には、八角や五香粉のような中華特有のスパイスとぴったり同調するものが多いので、ぜひ試してみてください。

赤ワイン

最後に、お肉の旨味やスパイシーさに合わせた赤ワインもお勧めです。
味付けの特徴に合わせてぶどう品種別にご紹介いたします。

比較的まろやかな味わいの麻婆豆腐には、タンニンが柔らかく、滋味深いガメイはいかがでしょうか。お豆腐の柔らかい食感にもぴったりです。

パンチのある麻婆豆腐には、シラーがおすすめです。濃縮した果実味とスパイシーさを持っているので、お肉の辛旨さにとても合います。

山椒が効いている麻婆豆腐には、カベルネフランツヴァイゲルトも好相性。品種独特の個性として、オリエンタルな刺激があり、山椒の風味にぴたっとはまります。

いかがでしたか。スパイスの使い方で味わいの幅が広がる麻婆豆腐、ぜひ色々なワインを合わせてみてください。

麻婆豆腐に合うワイン

スパークリングワイン

ロゼワイン

赤ワイン