鶏の照り焼きとワインのマリアージュ

家庭料理の定番メニュー、鶏肉の照り焼き。鶏肉以外にブリや鰆等のお魚の照り焼きも人気です。醤油ベースの甘辛タレは日本特有のものですが、タレのこってり感と鶏の香ばしさは赤ワインにぴったり合います。

最初のおすすめはピノノワール
鶏の照り焼きのまろやかな旨味には、繊細で優しいタンニンのピノノワールが合います。ピノノワールは熟成すると醤油や出汁のような風味があり、和食とのマリアージュで大活躍してくれます。

次のおすすめは、温暖な地方の木樽熟成された中重の赤ワイン。木樽熟成によるほのかな甘みが甘辛のタレやお肉の香ばしさに合います。程よく酸のあるもののほうが、脂に溶け込んでマッチするでしょう。

最後は、タレに山椒や黒コショウをたっぷりかけた場合はどんなワインが合うでしょう。
山椒の場合はカベルネフランツヴァイゲルト。品種独特の個性として、オリエンタルな刺激があり、それが山椒の風味にぴたっとはまります。
黒コショウの場合はシラー。しっかりした果実味の中にスパイシーさを持っていて、タレの甘辛さにぴったり同調します。

いかがでしたか。照り焼きをワインに合わせるときは、少し甘味を押さえたり、照り焼きのタレに赤ワインを足すのもグッドアイデアです。ぜひお試しください。

鶏の照り焼きに合うワイン

赤ワイン