きんぴらごぼうとワインのマリアージュ

きんぴらごぼう

ごぼうを胡麻油で炒め、醤油やみりんで味付けをした定番の家庭料理きんぴらごぼう。きんぴらの語源は、江戸時代に流行った浄瑠璃の主人公「さかたのきんぴら」から来ていて、彼の強靭さがごぼうの強さに似ていることから生まれたお料理と言われています。その独特の硬い食感は、濃いめの味付けにもよく合い、昔も今も人気の常備菜です。

レンコンや人参を加えたり、切り方や盛り付けを工夫すれば、手軽で食べ応えもある、美味しいワインのおつまみになります。

きんぴらごぼうと赤ワインのマリアージュ

油によってコクが増し、醤油や味醂の味染みもよく、赤ワインがよく合います。ごぼうの土っぽい香りに合わせると、メルロー、ピノノワール、そしてカベルネフランがおすすめ。カベルネフランの青っぽさは、唐辛子のピリッとした辛味にもマッチします。

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

マジュリュス メルロー 赤

穏やかな味わいで、食事と共にグラスが進む赤ワイン。カジュアルに楽しめる価格と味わいが魅力です。和食にも合わせられるのでデイリーワインにも!

フランス

ラングドックのオーガニックワイン

オック ピノ ノワール 赤

ヴァン・ド・ペイのクラスとは思えないほど洗練された1本。ブルゴーニュのピノノワールを感じさせるエレガントな仕上がりのオーガニックワインです。

フランス

ロワールのオーガニックワイン

サン ニコラ ド ブルグイユ サーブル 赤

サーブルは砂を意味し、砂質畑のカベルネフランを中重口に仕上げた赤ワインです。ハイセンスなラベルで贈り物にもぴったり。

きんぴらごぼうと白ワインのマリアージュ

白ワインと合わせるなら、ごぼうを薄いささがきにして、仕上げにたっぷり胡麻を加えましょう。柔らかな食感となるので、同じく柔らかいテクスチャーのまろやかな白ワインが合うでしょう。ほのかな樽の香りも、炒りたての胡麻や、胡麻油の香ばしさにぴったりです。

スペイン

バレンシアのオーガニックワイン

ソロ 白

グレープフルーツや桃、パイナップルなど様々な果実の香りに微かなトーストのニュアンス。まろやかな果実味と酸味のバランスが大変良く、長い余韻にはほんのり塩味を思わせるミネラル。ボリュームのある白。

フランス

ブルゴーニュのオーガニックワイン

ブルゴーニュ シャルドネ(ドメーヌ シャペル) 白

白桃、熟した洋梨、アカシア、スイカズラ、さらにハーブや火打石、アーモンドやフレッシュなクリームの香りも。柔らかく広がる果実味を支える繊細で美しい酸味。余韻にいつまでも残る上質な旨みが印象的。

いかがでしたか。白いご飯に合わせるだけではもったいない! ぜひワインのおつまみにきんぴらごぼうを作ってみましょう。


誰でもわかるマリアージュ


マリアージュ(ペアリング)が
簡単にわかる!〇X△法


ワインと料理の相性を難しく考えないでください。
まずお料理を食べ、ワインを一口飲み、

料理の味がより美味しく感じたら 〇
これはダメと感じたら      X
わからなければ         △


詳しくはこちら





イベント情報